明日の朝も3時起き

無駄に早起きなおじさんが暴走するブログ

さくっと「ビジネス書」

別に私は嫌いでも好きでもないけど気になって仕方ない『朝日ぎらい』

投稿日:2018年6月19日 更新日:

 

ざっくり感想文。

 

朝日ぎらい

「明日は今日よりずっとよくなる」。そういう希望がほんらいのリベラル。
私たちが、そう思えないのはなぜだろう。

朝日新聞に代表される戦後民主主義は、なぜ嫌われるのか。
今、日本の「リベラル」は世界基準のリベラリズムから脱落しつつある。
再び希望を取り戻すには、どうしたらいいのか?
若者が自民党を支持するワケからネトウヨの実態、リベラルの未来像まで、
世界の大潮流から読み解く、再生のための愛の劇薬処方箋!

by Amazon

世の中を勉強しようキャンペーン中です。

政治初心者の私にも解りやすくて面白い内容でした。

 

リベラルリベラル言うてますけど、それホンマにリベラルなん?

ってことって確かにありますもんね。ああ、関西弁は気にしないで下さい。

 

「自由主義」も、見方1つで右なんです。

いつの間にか傾いてしまった「リベラル」について熟考できる1冊です。

 

 

 

「朝日新聞をひたすらに攻撃する」といった内容ではありません。 ←

 

Follow me!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-さくっと「ビジネス書」

執筆者:

関連記事

戦争の本音は何かと言えば、これは「お金」しかありません by 『日本人だけが知らない戦争論』【書評】

  「戦争」というビジネスのお話。   Follow me!

おもしろくて勉強になる1冊 『会計の世界史』【書評】

  ファイナンスの歴史の旅へ―   Follow me!

もし私たちが他の惑星に移住するなら、ニワトリを同行させるだろう by 『ニワトリ』【書評】

  思ってたより、すげえ鳥だった。   Follow me!

仏教思想のゼロポイント【書評】

  現実的な見解です。   Follow me!

no image

【書評】未来の見えない僕たちにニーチェは「あなたの人生を愛せ」と言った

ってゆータイトルの本です。 東京の下町に現れた超人。 未来の見えない僕たちにニーチェは「あなたの人生を愛せ」と言った 哲学者に限らずですが先人の言葉や教えは 自らの経験で学んだ事を未来の人達に残してく …