無駄に考察する

天才とは1%のひらめきと99%のヒマな時間である

投稿日:

 

いろんな「天才」を見てきて思ったこと。

 

天才とは?

本当は「天才とは1%のひらめきと99%の努力である」です。トーマス・エジソンの有名な言葉ですね。

この言葉の元を辿っただけの話ですが、ヒマでもなければ努力すらできないんですよ。

ひらめきを形にできるのは「ヒマな時間」です。忙しい人はひらめいても形にできませんし。

 

ヒマだから好きなことにも没頭できるし、アイデアが浮かび次第すぐに行動に移るという習慣が身に付くのです。

 

だいたい「天才」と呼ばれてる人は自分のやってることを「努力」と思ってないですね。

好きだからやる。だからアイデアがひらめく。それを形にする時間が欲しいのでヒマな時間を無理矢理にでも作る。

「天才」を見てると、まさにそんな感じです。

 

そもそも忙しい日々を送ってる大人に「好きなこと、自分がしたいこと」は発見できません。子供の時とはワケが違いますから。

ヒマな時間を作って、自分とじっくり向き合ってれば自然と出て来るものなんですよ。

 

Follow me!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-無駄に考察する

執筆者:

関連記事

なぜ荒廃した世界では「モヒカン」が流行るのか

  気になりません?   Follow me!

「そりゃ若い子は頭が良くなるわ」って思った話

  ビビるくらいに。   Follow me!

「スイッチを押し続けるラット」であれ

  書くこともないので。   Follow me!

【瞑想】マインドフルネスのススメ

  これ本当におすすめ。   Follow me!

no image

幸せを感じられないのは、学習能力がないから

勉強しましょう。     自分の成長を止めるもの 不満ばかりぐちぐち言って SNSなどで「幸せアピール」してるのは だいたい、このタイプです。 不満が、自分ではなく 他人や環境に向 …

gxfh

読書ノート。ついつい夢中になってしまった作品を紹介しております。ミステリー・暗黒小説・ビジネス・経済・歴史・ライフハック・生態系の話が好きです。時々雑記。