明日の朝も3時起き

無駄に早起きなおじさんが暴走するブログ

さくっと「ビジネス書」

『植物のかしこい生き方』【書評】

投稿日:

 

かしこいですねえ。

 

植物のかしこい生き方

うまく生きるヒントは植物が教えてくれる

生きるための激しい競争をさけ、あたえられた環境にはあらがわず、
完全完璧を求めてストレスまみれになることもなく、置かれた場所でしたたかに生きる植物。
そんな植物のかしこい生き方には、知って納得のなるほどな「工夫」がたくさんあります。

たとえば……
■ 痩せた土地でも生きられるよう、虫からタンパク質(窒素)を吸収するハエトリソウ
■ ハチやチョウチョの奪い合いをさけるため、クサい臭いでハエを呼ぶラフレシア
■ 蜜も香りもないかわりに、花の中をあたため虫を呼び受粉に導くフクジュソウ
■ 老いたらトゲをなくして丸い葉になり、若葉のかわりに自分が虫に食べられるヒイラギ
■ イネに似た姿でイネより目立たず、空気を読んで水田で生きのびる雑草のイヌビエ
■ 抜かれても抜かれても、地中の地下茎でつながる家族の力ですぐ復活するタケ

ブルーオーシャンを手に入れるために、相手を変えるのではなく自らを進化させたり
他人の強みを妬まず、自分だけの強みをつくって競争を勝ち抜く知恵をもったり、
「自分が自分が」と孤独に戦わず、仲間とともに生きることで種を残すことを選ぶ植物たち。
植物の生きざまはさまざまなことを私たちに教えてくれます。

他者と競わない賢さ。他者と比べない潔さ。
与えられたものの中で生き、むやみに求めない無欲さ。
その一方で、逆境をものともせずしたたかに生きる強さ。
そんな植物たちのかしこい生き方を、楽しい解説で学べる1冊。

by Amazon

せ~かいにひとつだ~け~のは~な~♪ってやつです。

私も大好きなチャールズ・ダーウィンの進化論「環境に適応できた者だけが生き残る」をまさに地で行く植物たちに感服できる1冊です。植物もなかなかかしこいですねえ。

逆に言えば、他者と競っていた種はもれなく絶滅の憂き目に遭ったきたわけです。

 

他人と比べても仕方ないし上を見上げればキリがないので、自分と向き合って強みを生かした生き方をしましょう。ってことですね。

一度大地に根を張りつつも「ここは生きづらい」と思ったら、種を風に乗せて自分が生きやすい土地まで飛ばしてしまえば良いのです。

 

「置かれた場所で咲きなさい」の進化論ですよ。 ←

「咲かなかったら、場所を変えなさい」

 

 

Follow me!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-さくっと「ビジネス書」

執筆者:

関連記事

『The Rules of Work できる人の仕事のしかた』【仕事術】

  他言厳禁です。   Follow me!

「ニューパワー」とはなにか? 『NEW POWER』【書評】

  「カレンシー」と「カレント」の違いです。   Follow me!

no image

本はファッションだっ!

「眼鏡」みたいなもんです。 花見に連休に出会いの季節ですし、使い方はいろいろ。 読書家ならではのファッション もうこれはね持ってるだけでいいような気がしてくる。 コンパや飲み会とかに持ってくのはどうか …

人智を尽くして神意に近づけ! by 『人為バブルの終わり』【書評】

  今日も今日とて投資の勉強。   Follow me!

中国巨大ベンチャー企業の戦略とは―!? 『シャオミのすべて』【書評】

  なかなか斬新なビジネスモデルです。   Follow me!