明日の朝も3時起き

無駄に早起きなおじさんが暴走するブログ

無駄に考察する

人を叱れるのは身内だけ

投稿日:

 

あとは単なる大きなお世話。

 

他人が口出すな

いくら「叱る」ことが「その人のためになる」という好意の一種だとしても、たいていは「うざい」と思われるだけです。

家族や友達に「それはダメだ」と言われるだけでも「ウザイ」と思う時すらあるのに、赤の他人にまで言われたら「うざい」と思う確率は高いでしょう。

 

基本的に、叱られて「そうだな。気を付けよう」と思えるのは相手が尊敬できる人間であった場合のみです。

初対面ならなおさらですね。相手がどんな人かも解らないのにいきなり尊敬なんてできないでしょう。

 

まだ「尊敬」とかも解らない小さい子供を「教育のために叱る」なら、身内であることが大前提です。

「誰かが言ってくれるだろう」と我が子を放置する親とか見かけますけど…まさにそれは子供のためにならないんですよね。

 

知らないおっさんに叱られても、嫌な気分になるってだけで反省なんて出来ないですよ。

ダメなところは身内がちゃんと叱ってあげましょう(´∀`*)

 

Follow me!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-無駄に考察する

執筆者:

関連記事

こうすれば渋滞がなくなるよ!という提案3選

  渋滞が大嫌いなおじさんです。こんにちは。   Follow me!

no image

「独身だしギャンブルやらないしタバコもお酒もやめました」「じゃあ何が楽しみなの?」←これ

よく聞かれます。年配の方に。 ヒマなので何が楽しくて生きてるのか考えてみました。 ブログ 記事を書くのは1番楽しいです。 アバターSNSからスタートして、mixi、Yahoo!に続き 今はGoogle …

昭和な「強制力」は、もういらない by 『ゆるいつながり』【書評】

  必読です。   Follow me!

成長する3つの方法

  シンプルにいきます。   Follow me!

no image

目指すは「聖徳太子」

今の時代なら TwitterなどのSNSはたまたラインやスカイプの会議機能を使えば 一度に8人どころか無制限に人と話が出来ちゃいますね(´∀`*) 私の「今年の流行語大賞」です。多動力。 誰でも聖徳太 …