明日の朝も3時起き

無駄に早起きなおじさんが暴走するブログ

さくっと「ノンフィクション・歴史」

『遺伝子 – 親密なる人類史』【生物学】

投稿日:

 

これは壮大ですね。

 

遺伝子 – 親密なる人類史

「本書は、科学の歴史上、最も強力かつ“危険”な概念のひとつである『遺伝子』の誕生と、成長と、未来についての物語である」――21世紀の最重要分野となった遺伝子研究。この科学はどのような歴史をへて、今日の隆盛を迎えたのか?

19世紀後半にメンデルが発見した遺伝の法則と、ダーウィンの「進化論」が出会ったとき、遺伝学は歩み始めた。ナチス・ドイツが利用した優生学による「民族浄化」という負の遺産を背負いながら、第二次世界大戦後のワトソンとクリックによるDNA二重らせん構造の発見をへて、遺伝学は生命科学そのものを変貌させてゆく。

『がん‐4000年の歴史‐』でピュリッツァー賞に輝いた医学者が、専門知識と巧みなストーリー・テリング、そして自らの家系に潜む精神疾患の悲劇を織り交ぜて「遺伝子」のすべてを語る、不世出の科学ノンフィクション。

by Amazon

ビルゲイツもおすすめしてるし、読んでみるか!(´∀`*)

という軽い気持ちで買ったらハマってしまった。

今日まで栄えた「遺伝子学の歴史」をがっつり楽しめる名著です。

 

遺伝子学がどうやってここまで来たか?という足跡もさることながら、ホモサピエンスってやっぱ凄いな!と感心せざるを得ない内容ばかりですね。

きちんと歴史から学び、次のステップへ持って行くことが出来るのは、われわれ人類のみでしょう。

もはや遺伝子そのものに、「遺伝子を解明して繁栄しなさい」とプログラムされてるとしか思えない。 ←

 

悪性の「がん」や、HIVなどの「細胞レベルの病気」が完治する日もそう遠くない未来でしょう。

人類の飽くなき挑戦の連続が刻まれた歴史書です。ぜひ。

 

 

Follow me!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-さくっと「ノンフィクション・歴史」

執筆者: