明日の朝も3時起き

無駄に早起きなおじさんが暴走するブログ

さくっと「ノンフィクション・歴史」 さくっと「小説・ノベルズ」

『マンモスを再生せよ』【書評】

投稿日:

 

遺伝子技術もここまできたのか!(((((((( ;゚Д゚))))))))

 

マンモスを再生せよ

ヒトゲノム計画の発案や「次世代シーケンサー」の開発など、
遺伝子革命を牽引し続けてきた天才、ジョージ・チャーチ教授。
ハーバード大学にある彼の研究室には世界中から若き知性が集まり、
日夜、生物学を一変させるような研究を進めている。
そんなチャーチ教授のもとにかかってきた一本の電話と、
「氷河期パーク」を夢見る孤高のロシア人研究者との出会いによって、
マンモス復興プロジェクトが始動。そして四人の若者が集められた。
サンプル採取、DNA分析、遺伝子操作……。
ペイパル創業者ピーター・ティールも巻き込みながら、
研究チームは最先端の科学を総動員し、
「頭脳ゲーム」のような難題に次々と挑んでいく。
すべては三〇〇〇年前に絶滅した“命”をよみがえらせるために――。

by Amazon

ロマンですよねえ。

絶滅した動物をよみがえらせる科学者たちのプロジェクトです。

 

もう「何千年前に絶滅した」レベルだと、化石や骨から原型を予想するしかないわけですよ。写真もないですから。当たり前

だったら残ってる遺伝子を掘り起こして復活させちゃいなYO!ってことですね。

 

まあ、こーゆーことをやる人たちはどこかに存在してるんだろーなーとは思ってましたが、実際のプロジェクトを見てみると凄まじいですよね。

私も見てみたいです。マンモスの復活。

 

読みやすくて面白かったです。未来にわくてかしたい人は、ぜひ。

 

 

 

Follow me!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-さくっと「ノンフィクション・歴史」, さくっと「小説・ノベルズ」

執筆者: