明日の朝も3時起き

無駄に早起きなおじさんが暴走するブログ

さくっと「ノンフィクション・歴史」

【ノンフィクション】まさにギャングスタ! 『復讐者マレルバ』【書評】

投稿日:

 

おそろしい世界ですよねえ。

 

復讐者マレルバ 巨大マフィアに挑んだ男

シチリアの少年アントニオ・ブラッソは手がつけられない悪ガキで、「マレルバ(雑草)」と呼ばれていた。
17歳でお尋ね者となってハンブルクに逃れ、二枚目のギャンブラーとして放蕩生活を送っていた。
だが、21歳のある日、彼の人生は一変する。
巨大マフィアに彼と家族が襲われたのだ。

残された道は、殺るか、殺られるか。
復讐者と化したアントニオは賭博で金を稼ぎ、銃を仕入れ、敵を撃つ。
やがて新興マフィアのボスに成り上がり、仇敵を追い詰める!

激烈な抗争の中心人物として恐れられ、20年を越えて今なお服役する男の血塗られた回想と懺悔。

by Amazon

こんなゲームあったよな。 ←

と思ってしまうほど現実離れしたストーリーですが、実話です。

「家族をマフィアに殺された若者が、ゆっくり時間をかけて復讐していく」というノンフィクションですね。

 

やはり、おもしろい。この手のブラックストリートの物語。

常に「死」と隣り合わせのスリルはハラハラしますね。

 

自分の生まれた環境は、マフィアに狙われる運命にあった。

そんな運命に抗いながら、金と仲間と女に溺れた。

それは全て、復讐のため―

 

人生の教訓になるような場面や名言も出てきます。「復讐」に燃えた人間にしかわからないことも沢山ありますからねえ。

秋の夜長に、ぜひ。

 

 

 

Follow me!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-さくっと「ノンフィクション・歴史」

執筆者: