明日の朝も3時起き

無駄に早起きなおじさんが暴走するブログ

さくっと「ノンフィクション・歴史」 さくっと「ビジネス書」

大切なのは「キツネとハリネズミの目」の両方を持つこと 『大戦略論』【書評】

投稿日:

 

たくさんの小さなことを知り、1つの大きなことを知る。

 

大戦略論

紀元前5世紀のペルシャ戦争から第二次世界大戦までを対象に、
孫子、マキアヴェリ、クラウゼヴィッツの3大家をはじめ、
トゥキュディデスからリンカーンまで古今の戦略家・思想家を数多く取り上げ、
戦略思考の本質を浮き彫りにする。
乱世の羅針盤となる必読書。

by Amazon

「戦略」というのは、2つの視点が必要なのです。

それが、「全体を見渡す目」と「1つに集中できる目」ですね。

そのことがよくわかる1冊となっております。

 

私も、戦略に関するビジネス書や「孫子の兵法」などを何冊も読みましたが、ひと言で「戦略」と言っても結構定義が曖昧だったんですよね。

それをここまでザクッと切り込んでくれた戦略論はなかなか出会わなかったので、新鮮でした。

 

「戦略」とはなんぞや―!?

ってことがよくわかる良著です。おすすめ!

 

 

 

Follow me!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-さくっと「ノンフィクション・歴史」, さくっと「ビジネス書」

執筆者: