明日の朝も3時起き

無駄に早起きなおじさんが暴走するブログ

さくっと「ノンフィクション・歴史」 さくっと「ビジネス書」

この本を、医者の言動で傷付くすべての人に捧げます 『医者の本音』【書評】

投稿日:

 

なるほど。

 

医者の本音

「ここまで書いていいの?」現役の医師が勇気をもって明かす!その一言に込められた真意とは!?驚くべき本心に迫る。

by Amazon

医者にブチ切れる人とか結構いますもんねえ。

私は経験ないですが、「めっさ待たされる」とか「態度が冷たい」とか世間ではいろいろ医者に対して不満もあるようです。

もちろん、それには理由があるんですね。

 

こーゆー「のっぴきならない理由」を知ってるだけで、「待たされるのはもう仕方ないからヒマつぶしできるものを持って行こう」とか出来るわけですよ。

医者も遊んでるわけではないですから。 ←

 

他にも、

  • 「風邪ですね」なぜあしらうように言うのか?
  • 医者の「大丈夫です!」はどこまであてになるのか?
  • 「様子を見ましょう」の裏で医者は何を考えているのか?

などの「診察」の裏側や

  • アルバイトでレクサスを買う医者
  • 製薬会社との癒着は本当にあるのか?
  • 医者は飛行機のドクターコールに手を挙げたくない

など、私たちが普段持ってる疑問の他に、「そうなんだw」というコラムまで現役医師による本音が満載の1冊です。

 

それでもまあ、なかなかブラックな面もありますよねえ。 ←

医師界の現実を知りたい方は、ぜひ。

 

 

 

Follow me!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-さくっと「ノンフィクション・歴史」, さくっと「ビジネス書」

執筆者: