明日の朝も3時起き

無駄に早起きなおじさんが暴走するブログ

さくっと「ノンフィクション・歴史」 さくっと「ビジネス書」

なぜ「暴力」が生まれるのか―? 『暴力の人類史』【書評】

投稿日:

 

これ面白いですね~!

 

暴力の人類史

人類はこの世界から暴力を根絶し、平和に向かうことができるのか?先史時代から現代まで人類の歴史を通観しながら、神経生物学や脳科学など最新知見を総動員し、暴力をめぐる人間の本性を精緻に分析。壮大なスケールで大胆な仮説を提示する、人類の未来への希望の書。

by Amazon

「人類の暴力の歴史」を様々な角度から辿って行く1冊です。これはかなりおすすめ。

 

結果から言うと、世界中で見ても「暴力」は減ってるんですよ。いずれはなくなる方向に。

それでも、直接的な暴力(魔女狩り、戦争など)は減っても、間接的な暴力(言葉、搾取)に形を変えてたりするのも事実です。

ブラック企業のやり口なんて、間接的な暴力の代表ですし。

 

「なんで人は暴力的になるんだろう」とずっと疑問に思ってましたが、「なるほど!」と腑に落ちまくりでした。

 

暴力が減っている原因は、科学やテクノロジーの発達で情報が回りやすくなり、「知らないことがあまりなくなった」ってとこですね。

「知らないこと」があると、人は不安になり、自分を守ろうとして暴力的になったりしますから。

神の存在なんてまさにそれで、「どこで神の逆鱗に触れて疫病や飢餓になるのかもわからない」なんて毎日が不安で仕方ないですもんね。

 

今はそんなことに不安を感じることもなくなったということは、私たちは「賢くなった」のです。

 

そんな「人間が賢くなって行く歴史」から「世界中に存在した暴力史の裏側」「著者オリジナルの考察」など、面白くて読者を飽きさせないボリュームたっぷりの良著です。勉強になりました。

がっつり上下で「知の冒険」ができます。連休のお供などに、ぜひ。

 

 

 

Follow me!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-さくっと「ノンフィクション・歴史」, さくっと「ビジネス書」

執筆者:

関連記事

読むだけ記憶力トレーニング! 『KGBスパイ式記憶術』【書評】

  今日からあなたもエージェント。   Follow me!

no image

常識を疑え by 枠を壊して自分を生きる【書評】

これは面白い! 枠を壊して自分を生きる アンドロイド(人間酷似型ロボット)研究者の目線から「常識を疑うこと」を見出す1冊です。 クセや仕草など自分そっくりに作られたアンドロイドには 周りがいくら「そっ …

【漫画】『交通事故で頭を強打したらどうなるか?』

  そうなるのか( ´゚д゚`)   Follow me!

成功者が習慣にしてること― 『一流の思考』【書評】

  これはアガる。   Follow me!

あなたはあなたの食べたものでできている by 『あなたの体は9割が細菌』【書評】

  頑張れ微生物!(´∀`*)   Follow me!