明日の朝も3時起き

無駄に早起きなおじさんが暴走するブログ

さくっと「ビジネス書」

ビジネスの人間関係はこうなっている 『天才を殺す凡人』【書評】

投稿日:

 

おもしろい!

 

天才を殺す凡人 職場の人間関係に悩む、すべての人へ

天才肌の女性創業者社長に惚れ込み、起業に加わって10年。会社は大きくなったが、
新事業は振るわない。「社長は終わった」などという声も聞こえてくる――。
そんな悩みを抱える広報担当の青野トオルは、謎の犬ケンと出会う。
関西弁と東北弁がまざった珍妙な言葉を使うケンは、トオルの疑問に当意即妙に答えていく。
人間の才能とは何か、なぜ人はすれ違ってしまうのか、
私たちは自分の中にどのように才能を見い出し、どうやって伸ばしていけばいいのか。
今最も注目されるビジネス作家が90分で読める物語にまとめた、超・問題作!

by Amazon

「なるほど~」が止まらない1冊です。

人のタイプを大きく3つに分けて人間関係を考察していくのですが、これがまためちゃくちゃわかりやすくて良いですね。

しかもちょいウケ狙いのストーリー仕立てになってるのでサクサク読めてしまいます。

 

だいたい、人間関係に悩む人は「自分と相手がどーゆータイプかわかってない」から衝突するんですよね。

人には人それぞれのタイプがあり、付き合い方があるのです。

 

君は一体どのタイプで、どーゆー立ち回りをすれば相手のタイプと上手くリンクするのか―!?

 

組織で働くビジネスマン必須の知識スキルです。おすすめ!

 

 

 

Follow me!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-さくっと「ビジネス書」

執筆者: