明日の朝も3時起き

無駄に早起きなおじさんが暴走するブログ

さくっと「ノンフィクション・歴史」

これは確かにアカンやつや… 『子どもには聞かせられない動物のひみつ』【書評】

投稿日:

 

エログロ中尉。 ←

 

子どもには聞かせられない動物のひみつ

アリストテレスからディズニー映画まで、人間が作った動物王国は間違いだらけ。イギリスの女性珍獣ハンターが、ビーバーの「睾丸」をかじり、カエルが原料の媚薬を飲み、ハゲワシと空を飛ぶために崖から身を投げ、嫌われ者たちの誤解を正し、人気者たちの裏の顔を暴く、前代未聞の驚きの動物エッセイ。

by 楽天ブックス

なかなかエグイな( ´゚д゚`)ってなる1冊です。

動物達の知られざる生態が明らかになりますが、これはなかなかショッキングですねえ。

 

それでも、「へえ~!」「そうなんだ~!」的な知的好奇心を満たしてくれるような内容が満載なのは確かです。

でも、まあ、エグイですね。(2回目

 

これを読んだあとに動物園に行くと、ちょっと違った景色が広がることでしょう。いろんな意味で

 

読了して思ったのは、絶対にコンパやデートでこの話は使えねえだろうな。ってとこでしょうかね。

誰も得しない。だけどおもしろい。エグイけど。(3回目

 

おヒマつぶしに、ぜひ。

 

 

 

Follow me!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-さくっと「ノンフィクション・歴史」

執筆者: