明日の朝も3時起き

無駄に早起きなおじさんが暴走するブログ

さくっと「ノンフィクション・歴史」 さくっと「小説・ノベルズ」

死にたくないおじさんの奮闘記← 『世界不死計画』【書評】

投稿日:

 

テクノロジーって凄い!

 

世界不死計画

DNA、iPS細胞、遺伝子組換え、臓器製造……愛娘と「僕」が倫理なき生命科学の最先端を探るサイエンス<ノン>フィクション。

by Amazon

「死なない」人間になるためにあちこち旅に出るおじさんと娘の物語です。

内容はノンフィクションなドキュメントと言うより、「小説」って感じですかね。

この主人公もフランスでは有名な作家さんらしいのですが、なんともコメディーでおもしろいです。

 

今、テクノロジーの進化が世界中でスゴイことになってますが、「最先端の技術」や「これからどうなっていくか?」みたいなことも出て来て、その進化に驚きますね。

「死なない人間」が現れるのも、あと何十年の範囲内なのです。

 

そこでやっぱり思うのが、「死なないのは本当に良いことなのだろうか?」ってところですよね。

「生」と「死」についても考えさせられた1冊でした。

 

かと言って内容もそこまでシリアスなわけでもなく、「最先端の科学技術などがユニークに出てきて勉強になる」って感じですね。

おもしろかったです。ぜひ。

 

 

 

Follow me!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-さくっと「ノンフィクション・歴史」, さくっと「小説・ノベルズ」

執筆者: