明日の朝も3時起き

無駄に早起きなおじさんが暴走するブログ

さくっと「ビジネス書」

時代は「おもしろい」を求めてる 『「おもしろい」を仕事にする』【書評】

投稿日:

 

「おもしろい」には、人生を賭ける価値があります。

 

「おもしろい」を仕事にする

あなたの仕事はおもしろいですか?

いま、仕事をしているときに、目の前が明るくて楽しい気持ちなのでしたらそれはすでに、「おもしろい」を仕事にしていると言えます。一方で、仕事の内容にかかわらず、なんとなく目の前が暗い、冴えない気持ちなのだとしたら・・・・・・
本書の出番です!

by Amazon

やたらと前向きになれる1冊です。

世間で「おもしろい」を発見した人などを紹介しながら、「おもしろい」がサクッと理解できるのが良いですね!

 

本当にね~。「おもしろい」というのは仕事のみならず、人生において大事なことなんですよ。

憂鬱な気分で生きてたってツライだけじゃないですか。

 

忙しい毎日に追われてると、なかなか「おもしろい」について考えるヒマもないですから。

「おもしろい」とはなにか?について知ることも大事だと思います。

 

自分で出来る、「おもしろい」の作り方とは―?

 

「かわいい」と同じく、「おもしろい」も作れるのです。CMか

空き時間にでも、ぜひ

 

 

 

Follow me!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-さくっと「ビジネス書」

執筆者:

関連記事

【人類学】『人間の性はなぜ奇妙に進化したのか』【書評】

  こ-ゆーの気になりません? ←   Follow me!

『究極の瞑想』【書評】

  びば・瞑想ライフ!   Follow me!

「日本一主義」を可能にしたのが、海雲さんの魅力だったんです by 『カルピスをつくった男 三島海雲』【伝記】

  知られざる、カルピスの歴史。   Follow me!

no image

人を洗脳しようとする残念な人達

必死ですなあ(´∀`*) どこに行っても1人は必ずいるもんですね。 「おれをリスペクトしろ、おれには価値がある」的な空気を出す残念な輩。 めんどくせえよ( ´゚д゚`) 自分に興味を集めるためなら他人 …

no image

【書評】M

いつも一緒にいたかった~♪ ではなく馳星周先生の短編集です。 「世にも奇妙な物語」のアダルトバージョンてとこでしょうか。 ブラックで、ダークです。 馳星周・「M」 4つの官能的な物語が楽しると思いきや …