さくっと「ビジネス書」 生活雑学

「悩む」なんて時間の無駄です 『その悩み、哲学者がすでに答えを出しています』【書評】

投稿日:

 

答えは、すでにあるんです。

 

その悩み、哲学者がすでに答えを出しています

紀元前、古代ギリシャのプラトンは師ソクラテスの突然の死に遭遇し、その後ずっと人の死についての思いをめぐらせながら、「哲学とは死の練習である」という考えに至りました。

戦後のフランスで活躍した哲学者サルトルは、背が小さく斜視であるという外見的コンプレックスに苦しみながら、「人は今ある自分じゃないものになることができる」とする「実存主義哲学」でそれを克服しようとしました。

このように、「悩み」は紀元前から人類を悩ませ続け、それに思考で解決してきたのが哲学者たちなのです。

あなたの悩みをアリストテレスやニーチェに相談してみませんか?

by Amazon

「哲学」っておもしろい!ってなる1冊です。

人間の悩みって、本当にずっと変わってないんですねえ。

 

今、私たちが持ってる悩みは人生の先輩たちが腐るほど経験して答えを出してくれてるので、サクッと解決させるのに越したことはないんですよ。

わざわざ同じ苦労をする必要はないし、むしろさっさと次のステップに行った方がいいのです。

 

人類は常に「新しいこと」を経験してアップグレードしてきたのです。

ということは、私たちは今までかつて人類が「経験してきたことのない」ものを経験する必要があるんです。

 

「金がない」とか「恋愛がうまくいかない」とか「過去の嫌な思い出がフラッシュバックする」とか先人たちが解決策を出してることに時間を使うのはマジで労力の無駄です。 ←

無駄な悩みはさっさと解決して、とっとと次に進みましょう。

 

感動するほど気持ちが楽になる良著です。哲学書の入門編としてもおすすめ!

 

 

Follow me!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-さくっと「ビジネス書」, 生活雑学

執筆者: