さくっと「ビジネス書」

『世界をダメにした10の経済学』【書評】

投稿日:

 

むちゃくちゃ勉強になりました!

 

世界をダメにした10の経済学 ケインズからピケティまで

市場主義、自由主義の立場から、縦横無尽に数々の経済理論をぶった斬る。経済学の研究者から、金融ビジネスの最前線に飛び出した異色の経営者による知的興奮の書。

by Amazon

一週間くらいかけてじっくり精読できる1冊です。

現在、経済界でよく言われてる「資本主義は搾取を生み出す」「増税は財政赤字の穴埋めになる」などなど数々の議論に真正面から戦いを挑んでいくという、なんとも知的好奇心を刺激してくれる良著ですね。

「あー、確かに…」が止まらなかった。 ←

 

金融システムや経済の仕組みってむちゃくちゃ複雑なんですよ。

それでも、ある程度の理解ができれば、自分の財産をどう動かせばいいのか?はわかってくるので、知っておいた方が良いんですよね。

その辺の勉強も出来て良かったです。

 

著者さんの視点で見た「過去のデータ、歴史、理論、経験」から、現在の経済界や市場をじっくり見直してみましょう。

内容は「少し難しいな」と感じましたが、理解できればおもしろい考察が得られる1冊だと思います。

 

 

 

Follow me!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-さくっと「ビジネス書」

執筆者:

関連記事

no image

村上世彰 生涯投資家【書評】

知られざる、名投資家の姿。     生涯投資家 「お金儲けは悪いことですか?」   2006年6月、 ニッポン放送株をめぐるインサイダー取引を行った容疑で逮捕され、 のち …

『何ものにも縛られないための政治学』【政治学】

  めっちゃ煽ってきますね~。   Follow me!

【書評】第三のチンパンジー

  宇宙人から見た人間は、第三のチンパンジーです。   Follow me!

勉強=アウトプット 『アウトプット大全』【実用】

  学んだことは、「外に出しましょう」   Follow me!

【書評】モチベが上がる1冊― 『NO LIMITS 「できる人」は限界をつくらない』

  ということです。   Follow me!