明日の朝も3時起き

無駄に早起きなおじさんが暴走するブログ

さくっと「ビジネス書」

アマゾンビジネスの抜け道を探せ! 『amazon「帝国」との共存』【書評】

投稿日:

 

競合相手を知ることは大事ですよ!

 

amazon「帝国」との共存

日本がこの巨大な「帝国」に駆逐される日は近いのでしょうか――?
あるいは、彼らと共存する道は残っているのでしょうか?
今、世界におけるアマゾンが最もわかる、ビジネスパーソン必読の書です。

by Amazon

「アマゾンに出来ないことはなにか?」を考えるのに持ってこいの1冊です。

今や、国をも動かす大企業へと成長したAmazon。このまま行くとすべての実権を握るようになってもおかしくないですよね。

 

しかしながらそんな巨大企業でも、やはり「かゆい所に手が届かない」ことはあったりするのです。

天下のアマゾンと言えど、ビジネス展開での失敗例も結構あったりするということは、アマゾンにも「死角」は存在するんですね。

 

私たちの未来には、ロボットやAIだけじゃなくGAFAのような巨大企業に直接仕事を奪われる可能性の方が大きかったりします。

景気が回復する見込みもないし、巨大企業を中心に世界の変化するスピードは増す一方なので、「稼ぎ口」はいくつかのアイデアを持っておいた方が良さげです。

 

アマゾンは何をしてきて、これから何をしようとしているのか?

それが解れば、敵対しなくともアマゾンを使ったビジネスへの展開も考えられますよね。

 

個人事業の舵取りにおいて、とても参考になった1冊です。

おヒマつぶしに、ぜひ。

 

 

 

Follow me!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-さくっと「ビジネス書」

執筆者:

関連記事

『ニューエリート グーグル流・新しい価値を生みだし世界を変える人たち』【ビジネス】

  新時代のエリートとは?   Follow me!

人生の悩みに効くおすすめの哲学書 『超訳モンテーニュ 中庸の教え』【書評】

  心に響く、エッセイ集。   Follow me!

no image

ホテルカリフォルニアへ、ようこそ。

砂漠のハイウェイをドライブするのも楽しいけど そろそろ疲れて来たなー。 お、あんなところにホテルが! 「ホテル・カリフォルニア」か 今夜はあそこに泊まるとしよう。 ♪ホテル・カリフォルニアへようこそ~ …

no image

【書評】やわらかい頭の作り方

「常識」にとらわれ過ぎないように。 おもしろい人になろう。 やわらかい頭の作り方 つまらない人になりたいか、おもしろい人になりたいかそれだけの話ですね。 常識にとらわれ過ぎれば、つまらないしぶっ飛んだ …

鎌倉時代のエッセイ 『徒然草』【書評】

  古典です。   Follow me!