明日の朝も3時起き

無駄に早起きなおじさんが暴走するブログ

さくっと「ビジネス書」

アマゾンビジネスの抜け道を探せ! 『amazon「帝国」との共存』【書評】

投稿日:

 

競合相手を知ることは大事ですよ!

 

amazon「帝国」との共存

日本がこの巨大な「帝国」に駆逐される日は近いのでしょうか――?
あるいは、彼らと共存する道は残っているのでしょうか?
今、世界におけるアマゾンが最もわかる、ビジネスパーソン必読の書です。

by Amazon

「アマゾンに出来ないことはなにか?」を考えるのに持ってこいの1冊です。

今や、国をも動かす大企業へと成長したAmazon。このまま行くとすべての実権を握るようになってもおかしくないですよね。

 

しかしながらそんな巨大企業でも、やはり「かゆい所に手が届かない」ことはあったりするのです。

天下のアマゾンと言えど、ビジネス展開での失敗例も結構あったりするということは、アマゾンにも「死角」は存在するんですね。

 

私たちの未来には、ロボットやAIだけじゃなくGAFAのような巨大企業に直接仕事を奪われる可能性の方が大きかったりします。

景気が回復する見込みもないし、巨大企業を中心に世界の変化するスピードは増す一方なので、「稼ぎ口」はいくつかのアイデアを持っておいた方が良さげです。

 

アマゾンは何をしてきて、これから何をしようとしているのか?

それが解れば、敵対しなくともアマゾンを使ったビジネスへの展開も考えられますよね。

 

個人事業の舵取りにおいて、とても参考になった1冊です。

おヒマつぶしに、ぜひ。

 

 

 

Follow me!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-さくっと「ビジネス書」

執筆者:

関連記事

no image

「もっと時間があれば」は言い訳にすぎない by 自分の時間【書評】

めっさ考えさせられました。 あなたは1日24時間で何をしますか? 自分の時間 「1日24時間でどう生きるか」ということで。 噂には聞いてましたが1日って本当に24時間なんですね! 実感したのは初めてか …

no image

宝くじで1億円当たった人の末路【書評】

こーゆーのが気になるタイプです。 宝くじで1億円当たった人の末路 単純に 気になるじゃないすか(´∀`*) ← ってことで末路が気になる人たちを 著者さんが専門家にインタビューして本書用に編集した1冊 …

「モテる男」と「嫌われる男」の習慣【書評】

  納得です。   Follow me!

目指せ!楽しい人! 『一緒にいると楽しい人、疲れる人』【発見】

  人生のお勉強。   Follow me!

僕は社長、職場は路上 『路上ワークの幸福論』【書評】

  いいですねえ。   Follow me!