明日の朝も3時起き

無駄に早起きなおじさんが暴走するブログ

さくっと「ノンフィクション・歴史」

『世界の覇権が一気に変わる サイバー完全兵器』【書評】

投稿日:

 

日本も危機感もたないとヤバいですよね。

 

サイバー完全兵器

アメリカ、ロシア、中国、北朝鮮、イギリス、イラン、イスラエル……。
核を超えた次世代の戦争!
国家機密の盗み合いから核施設破壊、インフラ完全切断、ミサイル発射前阻止、5G戦略……国家間、水面下で繰り広げられる攻防戦から
GAFAなどグローバル企業がはらむ矛盾、ファーウェイの脅威まで、ピュリッツアー受賞のニューヨークタイムズ記者による世界危機の警告!

by Amazon

各国のサイバー部隊が意外と進んでてヤバイな( ´゚д゚`)ってなる1冊です。

さらに言うなら、アメリカや日本は北朝鮮やロシアや中国に大きく遅れをとってたんですね。知らなかった。

 

確かに、次世代の国の防衛力になるのは、「相手国を無力化するサイバー攻撃」です。

ここを強化しないと、交渉においても世界に太刀打ちできなくなりますよね。

 

こーゆーのを読むと「早くなんとかした方がいいよね」と思うのですが、ここで民主主義国の弱点が出てしまうんですね。

そもそも兵器や部隊の開発なんて、反対する人が必ず出てきますから。

 

その反面、北朝鮮などの独裁国家は意見に邪魔する人がいないので一気に成長していくんですね。

失敗もし放題なので、どんどん進化していくのです。

もちろん、その分、国民は苦しい生活を強いられるのですが。

 

思いっきり危機感を煽る1冊ですが、いい加減私も「日本は危機感を持った方がいい」と思ってます。

世界のサイバー空間で何が起こってて、どれだけ進んでて、私たちがどれだけ危険に晒されてるかがよく解る良著でした。

 

 

 

Follow me!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-さくっと「ノンフィクション・歴史」

執筆者: