日記

逸話で学ぶビジネス【大工と投資銀行家】

投稿日:

あるとき、投資銀行家と大工が飛行機で隣りの席になった。

投資銀行家が大工に「楽しいゲームをしないか」と誘った。

大工は疲れていて寝たかったので、やんわりと断った。

しかし、投資銀行家は大声でゲームの楽しさをまくしたて、「私が問題を出し、あなたが答えられなければ5ドル払ってもらいます。でも、次にあなたが問題を出し、私が答えられなければ500ドル支払いますよ」と言うのだ。

大工は話を早く終わらせたくて、このゲームを承諾した。

投資銀行家が最初の問題を出した。「地球から土星までの距離は?」大工は何も言わずに5ドルを渡した。

次に、大工が問題を出した。「三本足で丘を登り、四本足で下りてくるものは何か?」そして、眠りについた。

投資銀行家はすぐにノートパソコンを取り出して機内Wi-Fiにつなぐと、答えをさがしはじめたが、見つからない。

そこで彼は賢い友人全員にメールで聞いたが、それでもわからない。結局、2時間探したのに見つからなかった。投資銀行家はあきらめて大工を起こすと、500ドルを手渡した。

大工はそれを受け取って再び眠りについた。

答えがわからない投資銀行家はイライラして再び大工を起こし、「三本足で丘を登り、四本足で下りてくるものって何なのですか?」と聞いた。

大工は黙って投資家に5ドルを渡し、再び眠りについた。

【教訓】眠い大工と勝負をするな。(違う

Follow me!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-日記

執筆者:

関連記事

『自由すぎる投資家のくだらない1日』 ~ええ。なんかすみません~編

  「プラシーボ効果」のお話。   Follow me!

e-Sportsのおもしろいところは、とにかく「展開が早い」

  ドキドキハラハラが生まれまくりです。   Follow me!

『自由すぎる投資家のくだらない1日』 ~ショートムービーを撮りたい~編

  本日の戯言。   Follow me!

no image

間食しながら雑記

こちらが世の男性の いわゆる「理想の彼女」です。 まあ解らなくもないですがほんとに究極の話ですよね。 そしてこれに対する世の女性からのコメントはこちら。 確かに。 ← そんなTwitter民のバトルを …

『自由すぎる投資家のくだらない1日』 ~うわもうこんなん絶対おもしろいやんか~編

  ついにアレをゲッツしますた。   Follow me!