明日の朝も3時起き

無駄に早起きなおじさんが暴走するブログ

さくっと「ビジネス書」

『最高の脳で働く方法』【書評】

投稿日:

 

勉強になりやす。

 

最高の脳で働く方法 You’re Brain at Work

“集中力と知的生産性を高める”“モチベーションと感情をコントロールする”“他者と協力し、敵を味方に変える”“組織に新たな変化をもたらす”―脳を理解することは、あらゆる場面でパフォーマンスを向上させる最善の方法だ。

by Amazon

高パフォーマンスを上げたいなら脳の仕組みを理解するのが一番です。

なぜなら、どんな仕事であろうと働いてるのは「頭脳」だからです。

 

「仕事」と一言で言っても、「自分の脳」だけでなく「相手の脳の動き」も関わって来るので、一見、肉体労働やモデルなど「頭を使わなそうな仕事」でも、脳の仕組みを理解するだけで仕事の効率と成果に差が出るのです。

平たく言えば「人間関係」ですね。

これももちろん、「脳の仕組み」を知るだけで環境が変わって来ます。

 

仕事の効率は「脳の働き次第だな」と気付いてから、いろんな脳科学にまつわる本を読み漁って来ましたが、その中でも本著は珍しい情報も入ってて結構面白かったですね。

ポールとエミリーという2人のビジネスパーソンが織り成すストーリー仕立てになってて、解りやすいのも良いところです。

「なんで成果が上がらないんだろう」「どうしたらいいんだろう」と悩んでる人にはうってつけの1冊だと思います。

 

仕事のみならず、人生を動かすキーマンは「脳」です。

脳の得意なこと苦手なことを理解して、効率よく脳を活かしていきましょー!

 

全ビジネスマンにおすすめです。ぜひ。

 

 

 

Follow me!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-さくっと「ビジネス書」

執筆者:

関連記事

外国人にも話したくなる 『日本食』【書評】

  日本食のトリビア集です。   Follow me!

99%の会社はいらない

  いっそ「ひとまとめ」にしちゃった方がいいですよね。   Follow me!

ビジネスマンは寓話好き!? 『座右の寓話』【ビジネス本】

  考えさせられる77の物語。   Follow me!

ヒット作品に共通する法則とは―? 『物語の法則』【書評】

  「なるほど~」が連発しました。(語彙力   Follow me!

no image

日本精神史 上・下【書評】

壮大な、歴史の旅へ。 日本精神史 「あえて定義づければ、人間が自然とともに生き、 社会のなかに生きていく、その生きる力と生きるすがたが精神だ」。 テキストとして残された思想はもとより、 土器や銅鐸、仏 …