明日の朝も3時起き

無駄に早起きなおじさんが暴走するブログ

さくっと「ノンフィクション・歴史」 さくっと「ビジネス書」

『〈レンタルなんもしない人〉というサービスをはじめます。』【書評】

投稿日:

 

すごいサービスがあるもんだ。

 

〈レンタルなんもしない人〉というサービスをはじめます。 スペックゼロでお金と仕事と人間関係をめぐって考えたこと

「何もしない人が生きてたっていいんじゃない?」から始まった前代未聞の人材派遣。豊かなエピソードを交え、新しい生き方を考える。

【「レンタルなんもしない人」というサービスを始めます。1人で入りにくい店、ゲームの人数あわせ、花見の場所とりなど、ただ1人分の存在だけが必要なシーンでご利用ください。ごく簡単なうけこたえ以外なんもできかねます】

「“なんもしない” 人にも、存在価値はあるんだろうか? 」

その可能性を独自すぎる手法で追求し、かくも不思議なサービスが始まった。
レンタル無料、だけど「なんもしない」。

「いてもいなくても変わらない」はずなのに、そこに舞い込む依頼は実にユニーク、かつ切実。
「自分が被告の裁判の、傍聴席に座ってほしい」「誰にも言えない話を聞いてほしい」「私のお見舞いに、来てくれませんか?」……etc.
10ヶ月で10万人ものフォロワーを集めた〈レンタルなんもしない人〉が、本書で初めて自身の考えを明かします。
働くことについて、お金について、人との関わりやこれまでの生き方について。

収入ナシ、地位ナシ、仕事ナシ、の”逆”ハイスペ男子が、ただ1人分の存在を貸し出すフィールドワークから見えてきた、新しい生きかたを探る驚きに満ちた思索の書。

誰もが「なにかしすぎる」時代だからこそ、もっと自由に生きていいんじゃないだろうか?

by Amazon

レンタルもされないなんもしないおじさんです。こんにちは。

ただ、ひたすらになんもしない。おれもレンタルされよう。 ←

 

それはまあいいとして、「なにもしない」のにレンタルする人なんているのかと思いましたが、これまた結構な需要があるもようです。

むしろ、「なにもしない」からこその需要があるんですね。

 

そんな著者さんがはじめた「レンタルなんもしない人」というサービスを通じて感じた自らの体験談思った事がぎっしり詰まっておもしろい1冊です。

世の中いろんな人がいるんですねえ。

 

そもそも発想自体がおもしろいです。これってなにか別のビジネスやサービスにも運用できるんじゃないのかな~。

 

読んでて感じたのは、この全体を通して漂うほのぼの感が良いですね。

人生に疲れた時に読んだら「ああ、こーゆー生き方もあるんだなあ」と気持ちが楽になるエッセイです。

 

癒されたい方は、ぜひ。

 

 

 

Follow me!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-さくっと「ノンフィクション・歴史」, さくっと「ビジネス書」

執筆者:

関連記事

「夢中になる」って凄い能力だ 『郵便配達夫シュヴァルの理想宮』【書評】

  ただただスゴイ。   Follow me!

星に願いを! 『創造の狂気 ウォルト・ディズニー』【書評】

  知られざる、ディズニーの生涯。   Follow me!

ピークを見極めて生産性を上げよう! 『When 完璧なタイミングを科学する』【書評】

  生産性の向上は「ただ生きてるだけ」では無理な話です。   Follow me!

no image

常識を疑え by 枠を壊して自分を生きる【書評】

これは面白い! 枠を壊して自分を生きる アンドロイド(人間酷似型ロボット)研究者の目線から「常識を疑うこと」を見出す1冊です。 クセや仕草など自分そっくりに作られたアンドロイドには 周りがいくら「そっ …

『「死」とは何か』【書評】

  普段、あんまり意識しないですからねえ。   Follow me!