明日の朝も3時起き

無駄に早起きなおじさんが暴走するブログ

さくっと「ノンフィクション・歴史」

私たちは「生活を楽にするため」に進化する 『エネルギーの人類史』【書評】

投稿日:

 

これまた新しい視点で。

 

エネルギーの人類史

この1万年のあいだ、エネルギーを熱、光、運動へと
交換する方法でのイノベーションが、文化的、経済的進展の原動力になってきた。
人類の歴史は、権力闘争以上に、エネルギーのイノベーションの物語なのである。
1万年をまたぐビッグ・ヒストリー!

by Amazon

引きこもってる状況を「省エネ」と呼ぶおじさんです。こんにちは。

それはどうでもいいのですが、こうやって歴史を振り返ってみると本当に人類はすげえな!ってなりますね。

 

「エネルギー」と一言で言っても「電力」や「太陽」や「核融合」やらいろいろあるのですが、それを発見して使用してきた軌跡がもう感動モノですね。

奇跡ですよ。軌跡だけに。

 

われわれ人類は人間の筋肉が生み出すエネルギーだけでは限界があるので、動物や道具や自然などありとあらゆるエネルギーに支えられて生きているのです。

そして、そのエネルギーを効率よく使えるようになるたびに、社会は進化していくんですね。

 

こうやって先人たちの偉業を目の当たりにすると、本当に私たちは「生活を楽にするための苦労」をしてきたんだなーということがよくわかります。

やらなくていい無駄な苦労はやめて、どうせするなら「生活が楽になる」ための苦労をしよう!って気持ちになりました。

 

誰かに話したくなる情報が満載の1冊でした。

面白いので、ぜひ。

 

 

 

Follow me!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-さくっと「ノンフィクション・歴史」

執筆者: