さくっと「ノンフィクション・歴史」 さくっと「ビジネス書」

「勝利すること」に徹底的にこだわった古典― 『五輪書』【書評】

投稿日:

 

これはすさまじい。

 

五輪書 わが道をひらく

常勝無敗の人生哲学の書。「道をきわめるための自己鍛練」「的確な状況判断」「活路をひらく極意」「相手との対しかた」―ビジネス書としても読みつがれてきた、いま、再読すべき不朽の名著。

by Amazon

剣豪として名を遺す「宮本武蔵」が書き記した「剣術の奥義」をまとめたとされる兵法書です。

こーゆー有名な古典は現代人にも通ずるところがあるのが凄いところですよね。

いろんな古典の例に漏れずさまざまな編訳書が出てますが、本書が一番読みやすいと思います。

 

読めばわかりますが、「勝つために」というゴールを目指して最短ルートをとるという、非常に合理的な考え方を持った剣術家です。

そりゃそうですよね。武士は「負け=死」に直接繋がるわけですから。

絶対に勝たなくてはいけない時代だったのです。

 

「孫子の兵法」と似たところもありますが、大きな違いはやはり「戦士の目線」ってところじゃないでしょうか。

孫子兵法はどちらかと言えば「軍師目線」だったりしますからねえ。

 

宮本武蔵が悟った、「相手に勝つために」徹底的にこだわった哲学の詰まった1冊です。

完全にアウトな殺人剣ではありますが(←)、ビジネス書としても名高い理由がよく解ります。

モチベーションの向上に、ぜひ。

 

 

 

Follow me!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-さくっと「ノンフィクション・歴史」, さくっと「ビジネス書」

執筆者:

関連記事

【書評】「歴史を動かした男」を動かした力とは― 『中国史を彩った女たち』

  嗚呼、哀しき人類史。 ←   Follow me!

no image

都合のいい読書術【書評】

本の本質は、才能を映し出す鏡である。 by 本書。   都合のいい読書術   本書冒頭で著者は、フェイスブック創業者、 マーク・ザッカーバーグ氏が選んだ必読書リストについて、 噛み …

【書評】やっぱりカネの話はおもしろい!― 『「土地と財産」で読み解く日本史』

  新しいですねえ。   Follow me!

no image

【書評】言葉にできるは武器になる

2016年も終わりを迎えるので 今年読んだ本でレビューしきれてないやつでも記事にします。   広告会社のトップライターが講師の 国語の教科書ですね。 言葉に出来るは武器になる。 「世界は誰か …

しっかり理解しているから、言葉を短くできる by 『ひと言で伝えろ』【ビジネス】

  時短術です。   Follow me!