明日の朝も3時起き

無駄に早起きなおじさんが暴走するブログ

さくっと「ノンフィクション・歴史」 さくっと「ビジネス書」

ボイスコンピューティングの未来― 『アレクサvsシリ』【書評】

投稿日:

 

刺激的!

 

アレクサvsシリ

人類の夢「しゃべる機械」の実現で
かつてないパラダイムシフトが起きる! 

機械に言葉をしゃべらせることは、人類にとってコンピューターが存在する以前から、長年の夢だった。インターネットの普及とAI(人工知能)の進化で、その夢がいま現実になろうとしている。
「音声」はあらゆるテクノロジーをコントロールする万能のリモコンになると期待され、アマゾン、アップル、グーグル、マイクロソフトといったITの巨人たちが、音声AIのプラットフォーム戦争を繰り広げている。ユーザーにとっては便利になる一方で、「個人情報の漏洩・悪用」「監視」も懸念される。
また、音声AIを活用した不死の「レプリカ」も、空想やSFの話ではなくなった。本書の最終章で、著者ブラホスは、末期がんの父親のAIレプリカを作成した生々しい記録を報告する。心から愛していた故人のAIレプリカは、残された人の慰めになるのだろうか?

by Amazon

AI、ボットなど「対話型コンピューター」について深く考察された1冊です。

AI企業の歴史に始まり現在や未来、ボイスコンピューティングの仕組みや裏側や企業の「音声アシスタント戦争」などなどエキサイティングな内容で最後まで楽しめました。

 

今や、GAFAなどの巨大IT企業から中小までこぞって人工知能の開発に取り組んでおります。

それは私たちの生活を豊かにするためなのですが、当然「危険」も含んでいたりするのです。

 

いち消費者としては、AIやロボットの様々な問題も含めて、AIは進化させていって欲しいですよね~。

こんなに便利で効率的なテクノロジー、役に立たないわけがない!

 

ボイスコンピューティングの利便性から危険性、未来についていろいろと熟考することができました。

ビジネスマンのおヒマつぶしに、ぜひ。

 

 

 

Follow me!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-さくっと「ノンフィクション・歴史」, さくっと「ビジネス書」

執筆者:

関連記事

天才クリエイターの半生 『スティーブ・ジョブズ 偶像復活』【伝記】

  おもしろい!   Follow me!

この本を、医者の言動で傷付くすべての人に捧げます 『医者の本音』【書評】

  なるほど。   Follow me!

「真実を見抜く眼」を身に付けよう! 『ファクトフルネス』【書評】

  目からウロコがほとばしる。   Follow me!

no image

「ぼくだって」が夢を生む by 「のび太」という生き方【書評】

みんなもっと のび太くんの凄さに気付くべき。 ← 「のび太」という生き方 私も以前に似たようなことを記事にしましたが いろいろ世の中のことを勉強してるとのび太君の凄さに気付いてくるのです。 関連記事: …

no image

結果を引き出す 大人のほめ言葉【書評】

ほっこりする1冊です(´∀`*) 大人のほめ言葉 「ほめる」とは、人・モノ・出来事の「価値を発見して伝える」ことです。 ほめるところがないように見える部下だとしても、 ・契約は全然取れないけれど、誰よ …