さくっと「ノンフィクション・歴史」 さくっと「ビジネス書」

「戦争がすべて自動化するなら…?」あらゆる考察がおもしろい1冊 『無人の兵団』【書評】

投稿日:

 

しかもジャケがかっこいい(中二

 

無人の兵団AI、ロボット、自律型兵器と未来の戦争

ビル・ゲイツ氏、年間ベストブックに選出! 
「ずっと待ち望んでいた本だ。
どんなに薦めても薦め足りない」

瀬名秀明氏、推薦! 
「私たちが今後かならず関わるロボット/AIの危機管理・意思決定論を包括して扱う。
未来をつくる/生きる基盤となる重要な1冊」

ウィリアム・E・コルビー賞受賞
ターミネーター誕生は近い? 米レインジャー部隊出身の軍事アナリストが先端技術の最深部に迫る。

勃興するAI・ロボット技術を受け、急速に進化が進む「自律型兵器」。映画〈ターミネーター〉シリーズに描かれるような、ロボットが人類を脅かす近未来は到来するのか? 米陸軍レインジャー部隊出身のアナリストが、最先端軍事技術の実態とその深部に迫る。イスラエルの完全自律型無人機「ハーピー」、米国の無人艇「シーハンター」、韓国のロボット哨兵「SGR‐A1」など、各国の実例を紹介し、DARPA(米国防高等研究計画局)の研究者、軍の高官、軍縮活動家などあらゆる関係者を取材。導入と規制の課題、戦争と人類の未来を展望する。

by Amazon

ビルゲイツがおすすめする本はたいがいおもしろい。←結論

いや~、久々に時間を忘れて読みふけってしまいました。

AI、ロボット時代における戦争論です。

 

最近は「戦争モノ」に興味があっていろいろと読み漁ってますが、本書はここ一番に良著ですね。

「最先端のテクノロジー」と「これまでの戦争がどう変わるのか?」また「人道や道徳はロボットに適応できるのか?」などなど目からウロコのおもしろい考察がぎっしり詰まった最高の1冊でした。

 

人類は世界のあらゆる場所で、過去から数えきれない程の戦争を繰り広げてますが、時代が進むにつれてありとあらゆる戦略や兵器を開発してきたのです。

その最先端となるものが、「戦争の自働化」なんですよね。

 

まあ、いざ争いが始まればルールもへったくれもない気もしますが()一応は世界での「戦争のルール」みたいなものもあるのです。

それは単純に「抵抗できない市民に危害を加えない」だったり「降伏した兵士を拷問しない」など「人の道理として」やっちゃいけないことなどですが、果たしてそれをAIやロボットが「道理」を理解できるのか?ってとこなんですよね。

 

AIからすれば「敵は敵」でしょうし、降伏した人間かどうかを見極めることも出来なさそうなので、AIやロボットを使った戦争はむごたらしいことになりそうですが、逆に「平衡」させることも出来てるので一概に「悪」とは決められないのも事実です。

 

そんな世界最先端の戦争と未来について知識と見解を広げてくれる良著でした。

おもしろかったです。おヒマつぶしに、ぜひ。

 

 

 

Follow me!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-さくっと「ノンフィクション・歴史」, さくっと「ビジネス書」

執筆者:

関連記事

人生は『Win-Win or No-Deal』

  考察していきます。   Follow me!

no image

9プリンシプルズ【書評】

朝から頭をフル稼働させたので爆発しそうです\(^o^)/     9プリンシプルズ 世の中で何が起こって何の技術が進んでて 過去にどーゆー失敗があって 我々は何を学び、どうするべき …

【書評】これぞ中二病の原点!悪魔崇拝が歩んできた歴史とは…? 『闇の歴史―サバトの解読』

  ククク… ←入ってる   Follow me!

【人類史】直接的な暴力が減り間接的な暴力が増えた理由―『善と悪のパラドックス』

  すごいこの本。   Follow me!

『仏教、本当の教え』【宗教】

  だいぶネジ曲がって伝わってますね()   Follow me!