明日の朝も3時起き

無駄に早起きなおじさんが暴走するブログ

さくっと「ビジネス書」

【書評】『「ついやってしまう」体験のつくりかた』が凄すぎる( ´゚д゚`)

投稿日:

 

つい買ってしまった。

 

「ついやってしまう」体験のつくりかた 人を動かす「直感・驚き・物語」のしくみ

わかりやすく作ったつもりなのに人気の出ないサービス、
盛り上がるよう企画したのに誰も来ないイベント、
性能が優れているのに売れない商品、
ビジュアルを工夫したのにウケの悪いプレゼン、
将来のためにと「勉強しなさい」と言ってもまったくやらない子供たちetc<.br>
相手のことを思って一生懸命伝えようとしているのに、
なぜわかってもらえないのだろうか…。
それは「人が動くしくみ」を知らないから。

人の心を動かし「ついやってしまう」
仕組みと手法について体系的にまとめたのが本書です。

by Amazon

「テレビゲームのおもしろさ」をここまでわかりやすく分析した本は他にないでしょう。

元・任天堂の企画開発者が解説する「ついやってしまう」体験のつくりかたです。

 

小さい頃は特に意識もせず、ただなにかに引き寄せられるようにTVゲームに夢中になってましたが…そーゆーことだったんですねえ。

さすが任天堂だ!(´∀`*)まだまだ売れるでえ!

 

思えば確かに、「ついやってしまう」ようなものって、この法則や心理がはまってますもんね。

わかりやすくて、いいテンポで意外性があり、最後に振り返ってみると「成長」があるのです。

この辺がスーパーマリオやドラクエを引き出しに図解でわかりやすく分析されててもうおもしろくてたまらない!

 

もちろん、他のビジネスや「誰かになにかを頼みたい時」なんかにも応用できる知識ですね。

めちゃくちゃ勉強になって参考になった良著です。

おヒマつぶしに、ぜひ。

 

 

 

Follow me!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-さくっと「ビジネス書」

執筆者: