明日の朝も3時起き

無駄に早起きなおじさんが暴走するブログ

さくっと「ノンフィクション・歴史」

【書評】進化論、博物館、歴史好きにはたまらないミステリーノンフィクション― 『大英自然史博物館 珍鳥標本盗難事件』

投稿日:

 

これはよく出来た本ですね。

 

大英自然史博物館 珍鳥標本盗難事件―なぜ美しい羽は狙われたのか

2009年6月。
ロスチャイルド家がヴィクトリア時代に創設した博物館から、約300羽の鳥の標本が消えた。
世にも美しい鳥が行きついた先は、希少な羽で毛針を制作する愛好家たちの世界だった!
この突拍子もない盗難事件を偶然知った著者は、最初は好奇心から、やがては正義感から、事件の調査に乗り出す。
羽毛をめぐる科学史と文化史、毛針愛好家のモラルのなさと違法取引、絶滅危惧種の保護問題、
そして未来へのタイムマシンとなりうる標本と、それを収集・保存する博物館の存在意義。
スピーディーに展開される犯罪ルポルタージュ。

by Amazon

「犯罪ミステリー」ですが、なにやらいろいろと勉強になった1冊です。

それは単に進化論だったり、鳥標本の歴史だったり、毛針の世界だったりと知らない情報が満載でおもしろかったです。

それにしてもこんな事件あったんですねえ。知らなかった。 ←

 

異性を惹きつける「求愛」のために色鮮やかに進化した羽が、まさか人間まで魅了してしまうとは。

鳥たちもさぞかし「そっちかい!( ´゚д゚`)」ってなったと思います。

 

まあ、ぶっちゃけ事件なんてどうでもいいのですが(いいんかい)生物学や歴史学の観点から見てむちゃくちゃおもしろかったですね。

知識欲を満たしてくれるノンフィクションです。おヒマつぶしに、ぜひ。

 

 

 

Follow me!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-さくっと「ノンフィクション・歴史」

執筆者: