さくっと「小説・ノベルズ」

【小説】小島秀夫監督が愛した作品を読んでみよう―『悪童日記』

投稿日:2019年12月28日 更新日:

 

「小島秀夫 創作する遺伝子」より。

 

悪童日記

戦争が激しさを増し、双子の「ぼくら」は、小さな町に住むおばあちゃんのもとへ疎開した。その日から、ぼくらの過酷な日々が始まった。人間の醜さや哀しさ、世の不条理―非情な現実を目にするたびに、ぼくらはそれを克明に日記にしるす。戦争が暗い影を落とすなか、ぼくらはしたたかに生き抜いていく。人間の真実をえぐる圧倒的筆力で読書界に感動の嵐を巻き起こした、ハンガリー生まれの女性亡命作家の衝撃の処女作。

by Amazon

変態ばっか出て来る小説です。 ←

物語の舞台が「戦時中」だからなのか、これはなかなか異様な世界観ですねえ。

 

しかしながら、なぜか読み続けてしまう、その異様な世界観。

読んでるとジワジワとおもしろくなってくるから不思議ですねえ。

斜め上を行く「生きる気力」と言いますか、常識を上手く外してくれるような作品だなと感じました。

 

小説ならではのエンターテイメントですね。これは。

読み終わった後の気分は、漫画や映画じゃ味わえないものがありました。

 

とりあえず、色んな感情が湧いてきて感想が追いつかなくなる小説です。なんやねん

おヒマつぶしに、ぜひ。

 

 

 

Follow me!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-さくっと「小説・ノベルズ」

執筆者:

setsegre

読書ノートです。ミステリー・暗黒小説・ビジネス・経済・歴史・ライフハック・生態系の話が好きです。時々雑記。