【小説】馳星周 さくっと「小説・ノベルズ」

【小説】最高にドロドロした略奪劇!―『復活祭』

投稿日:2020年1月11日 更新日:

 

えぐすぎw

 

復活祭

株式公開を目指せ、その後で株を売れ。かつての地上げと同じ方程式がそこにある―。最後に笑うのは男か、女か。

by Amazon

金に目がくらんだ亡者たちの強奪ゲームです。 ←

こーゆードキドキハラハラする策略戦は最高ですね!

 

なんと言っても出て来る登場人物たちの腹黒さが良い!

情報戦・心理戦・そして騙し合いとドロッドロの泥沼合戦が繰り広げられます。

また物語の舞台が「株式」なので、私にはたまらない作品でございました。

 

思惑、裏切り、策略が横行しまくる欲望の狂乱ゲームです。

最後に笑うのは、果たして―

 

毎回思うのですが、やっぱり馳星周さんの「読者を夢中にさせる技術」はさすがだな~と感心してしまいますね。

今作も一日中読みふけってしまいましたよ。

 

「お金の真理」も勉強になる良い作品です。

金に目が眩むとこうなります。知らんけど

 

おヒマつぶしに、ぜひ。

 

 

 

Follow me!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-【小説】馳星周, さくっと「小説・ノベルズ」

執筆者:

setsegre

読書ノートです。ミステリー・暗黒小説・ビジネス・経済・歴史・ライフハック・生態系の話が好きです。時々雑記。