さくっと「ノンフィクション・歴史」

【書評】「美」の謎に迫る1冊―『美の進化』

投稿日:

 

進化論です。

 

美の進化―性選択は人間と動物をどう変えたか

「美のための美」はなぜ進化したのか?メスが美的感覚をもとに配偶者を選び、オスを改造していく―世界的鳥類学者が刺激的な新説を提唱し、華麗な鳥の羽から人間の同性愛まで、従来の進化論では解き明かせない美と性の謎に斬り込む野心作。

by Amazon

  • 色鮮やかな鳥が存在している
  • メスの気を引こうとして進化したのは解る
  • でもそれって天敵に見つかりやすくなるだけじゃん。バカなの?( ´゚д゚`)

 

そんな1冊です。説明下手か

南米の鳥なんかもそうですが、人間も「美」を追求してあれこれする動物なんですよねえ。

 

確かに、不思議に思ってた分野だったんですよね。

「美しく着飾る」のが、なぜ生物としての魅力になるのか?

そんな中で本書を読んでみましたが、これまた面白い考察と研究のオンパレードでした。

 

  • 「美」とは、みんなが「良い!」と認めているからという、根拠なき熱狂だったりするのか?
  • メスは「オスは派手なほど優れている」という根拠を出せるのか?
  • 我々は本当に「美」に惹かれているのか?

という、知的好奇心を思いっきり刺激してくれる1冊でした。

 

エロ話もあったりしておもしろかったです。 ←

おヒマつぶしに、ぜひ。

 

 

 

Follow me!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-さくっと「ノンフィクション・歴史」

執筆者: