さくっと「ノンフィクション・歴史」

【書評】海賊は意外とかわいいやつらだった(笑)―『海賊の経済学』

投稿日:

 

イメージががが。 ←

 

海賊の経済学

「海賊は合理的な経済人だった!
面白くてしかもためになる。レヴィットらの
『ヤバい経済学』に続くひさびさに痛快な経済書だ。」

by Amazon

全然フック船長ちゃうやんけ( ´゚д゚`)ってなる1冊です。

どうしても、私たちは「海賊=荒くれ者集団」ってイメージありますからねえ。

これが、ただの「荒くれ者集団」ってわけではなく、海賊とは非常に合理的にシステム化された組織だったのです!

 

実は、海賊が全盛期だったのは17世紀のヨーロッパで、全盛期はたった10年らしいんですね。

なので、ほとんど海賊に関連する記録なんかは残ってないのです。

まあ、言っても犯罪者組織だったわけですし。

 

ところが、調べてみると彼らはむちゃくちゃ「ビジネスマン」だったことがわかってくるのです!

この組織力は現代の株式会社なんかでも勉強になりますよねえ。

 

  • なぜ、海賊が生まれたのか?
  • 船長はどうやって荒くれ者たちを統率してるのか?
  • 現在の「海賊」のイメージを植え付けたきっかけとは?

 

その他にも、私たちのイメージを覆す裏話が満載でめちゃくちゃおもしろいです。

ギャップ萌えを楽しみたい方は、ぜひ。

 

 

 

Follow me!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-さくっと「ノンフィクション・歴史」

執筆者: