日記

死を想え

投稿日:

 

にっき。

 

メメントモリ

昨日は仕事で神奈川県に行ってきました。

 

いつも遠出する時はついでにあちこち観光して帰るのですが、今回は去年亡くなった友達のお墓参りに行ってきました。

いきなり「ふっ」といなくなってしまったので、やっぱりなんか実感がなかったんですよね。

それでも、実際にお墓に刻まれてる名前を見て、ようやく実感が湧いてきましたよ。

 

いつも、ふっと目の前からいなくなったと思ったら急にふらっと連絡が来たり…と、そんな自由人だったからな~。

なんとなく今でもどこかで「LINEでも来るんじゃないか」と思ってたりもしてます。

 

親や親せきが亡くなっても、今まではそんなこともなかったのですが、初めてじゃないかな~。

ここまで強烈に「死」を意識したのは。

 

「死ぬ時はどんな気持ちだったんだろう」とか「最後に見た景色になにを思ってたんだろう」とか。

私たちが体感したことのない、彼が見た「死の恐怖」を、お墓の前で考え込んでました。

 

人は死ぬんですよね。当たり前ですけども。

そんな当たり前のことだけど、どこかで他人事のようにも思ってる節があるのも事実で。

 

歴史を振り返っても、人類はこの「死の恐怖」に打ち勝つためにここまで進化してきてるので、やはり「死」は永遠のテーマなんですよね。

あらゆる治療法や不老不死だったり、動物界のトップに君臨してるのもまさにそれで。

 

人間だけでしょうね。ここまで「死」に恐怖する動物は。

他の動物は「死にたくないから不老不死になる方法を探そう!」ってならないですもんね。

 

そう考えると、「死を想え」が実態を得てきた気がするのです。

今までは、ただの言葉でしかなかったのですが。

 

君から教わったことはたくさんあるけど、最後の最後に教えてくれたものは、想像以上のものでした。

「死の恐怖」が、私たちを突き動かしているんですね。

 

まったく、最後の最後まで最高のメンターだよ、君は。

 

おれが3回連続でそっち遊びに行ってるからな。

次は君がこっちに来る番だ。 ←

 

名古屋で待ってるよ。

 

Puff Daddy [feat. Faith Evans & 112] – I’ll Be Missing You

 

Follow me!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-日記

執筆者:

関連記事

だるい時は、日光を浴びよう

  寝すぎて体がダル重です。   日頃から休み前でも夜更かししないで、できるだけ毎日同じ時間に活動することを心がけてはいたのですが、やっちまった。連休をいいことに昼寝のオンパレード …

『自由すぎるおじさんのくだらない1日』 ~「目標」よりも大事なもの~編

  今日の戯言。   Follow me!

『自由すぎる投資家のくだらない1日』 ~えっちなやつら~編

  本日の戯言。   Follow me!

七夕にまつわるエトセトラ

  今日の戯言。   Follow me!

no image

雑記 ~夢見る少女じゃいられない~

ちょっと女子の皆様 期待しすぎです。 ← 今や芸能人とも繋がれるネトゲですが10年以上やってもそれらしき人物に当たった事はないです。 実際のオフ会はこーゆーのが来ますよ。 でら幸太ですよろしくねユイち …

setsegre

読書ノートです。ミステリー・暗黒小説・ビジネス・経済・歴史・ライフハック・生態系の話が好きです。時々雑記。