さくっと「小説・ノベルズ」

【小説】頭おかしいんじゃねえの( ´゚д゚`)ってなる物語←―『箱男』

投稿日:

 

なんなんですかこれは( ´゚д゚`)

 

箱男

全国各地には、かなりの数の箱男が身をひそめている。
どうやら世間は箱男について、口をつぐんだままにしておくつもりらしい――。

ダンボール箱を頭からすっぽりとかぶり、都市を彷徨する箱男は、覗き窓から何を見つめるのだろう。一切の帰属を捨て去り、存在証明を放棄することで彼が求め、そして得たものは? 贋箱男との錯綜した関係、看護婦との絶望的な愛。輝かしいイメージの連鎖と目まぐるしく転換する場面(シーン)。
読者を幻惑する幾つものトリックを仕掛けながら記述されてゆく、実験的精神溢れる書下ろし長編。

by Amazon

「覗き」が好きな変態のお話です。

ってだけ書いたらただの悪口ですが()、もちろんこの作品に惹かれたのはそこだけではありません。

この作品の見どころは、怪しくも淫靡な雰囲気を読者にイメージさせていく表現力ですね。

 

書き方を間違えたらただの「意味の解らない覗きが好きな変態の物語」で終わってしまいますよこれ。 ←

 

今まで誰がこんな表現を思い付いたんだろうか。

著者の綴る膨大な日本語の知識量とそのアイデアに、終始感動しっ放しでございました。

まさに「日本のドープな文学!」って感じの作品ですね。

 

  • 「覗き」の背徳感
  • 淫靡で危険な性の領域
  • 人間の暗い欲望

この辺の表現の仕方が本当にえぐかった。

 

物語としてはぶっ飛びすぎてるので、読んでも多分わけわかめになると思いますが、そんなことはもはやどうでも良いのです。

これはエロい。踏み込んではいけない世界を見てしまった気分です。

 

怪しく人間性をえぐる東洋の神秘です。

雨の日とかに読むとこの世界観を堪能できるかもめ。

 

おヒマつぶしに、ぜひ。

 

 

 

Follow me!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-さくっと「小説・ノベルズ」

執筆者: