さくっと「小説・ノベルズ」

【小説】老害がコテンパンにいわされるメシウマミステリー←―『今昔百鬼拾遺 天狗』

投稿日:

 

スカッとした。 ←

 

今昔百鬼拾遺 天狗

昭和二十九年八月、是枝美智栄は高尾山中で消息を絶った。約二箇月後、群馬県迦葉山で女性の遺体が発見される。遺体は何故か美智栄の衣服をまとっていた。この謎に旧弊な家に苦しめられてきた天津敏子の悲恋が重なり合い―。『稀譚月報』記者・中禅寺敦子が、篠村美弥子、呉美由紀とともに女性たちの失踪と死の連鎖に挑む。天狗、自らの傲慢を省みぬ者よ。憤怒と哀切が交錯するミステリ。

by Amazon

読んだら「お嬢様」になってしまうミステリーです。

言ってる意味がよく解らないと思いますが、読めばわかります。

だって大半がお嬢様言葉で物語が進むからな!(´∀`*)マイッチャウナ!

 

ということで、そんなお嬢様2人が山岳で起きた不可解な殺人事件に迫る!

ってのが話の本筋ですが、これまた意外な展開がおもしろかったですね~!

 

同時に消えた4人と、不可解な自殺に潜む影―

彼女たちに一体、何が起こったのか!?―

 

「天狗の仕業か!?( ´゚д゚`)」つってね。

そーゆーの好きなんすよ。知らん

 

おヒマつぶしに、ぜひ。

 

 

 

Follow me!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-さくっと「小説・ノベルズ」

執筆者: