明日の朝も3時起き

無駄に早起きなおじさんが暴走するブログ

さくっと「小説・ノベルズ」

【小説】女の人っていろいろ大変だなあ…ってなったミステリー―『冷たい手』

投稿日:

 

女性社会ってほんとにこんな世界なん? ←

 

冷たい手

緑の雨が降る、雷の音が聞こえる、あの手が私をつかむ――

「あの日」が迫ったある日、ショッピングモールで働く朱里(あかり)のもとへ典子が一年ぶりに訪ねてきた。
新進気鋭のアパレルメーカー社長・室町と、結婚の話がでているという。
祝福する朱里に、典子は「私たち、幸せになっていいのかな?」と複雑な表情を見せ……。
心の奥がざわつく迫真のサスペンスミステリー!

by Amazon

胸糞悪さが逸品なミステリーです。

職場の上司と言い、警察と言い、このイヤミったらしさは人をムカつかせる天才ですね!(´∀`*)

 

まあそれはただの付属要素ですが()、物語はよく作り込まれてておもしろいですね。

「あなたは犯人を見破れるか」と帯で煽ってる通り、犯人はまさかの人物でした。これを見破ったら大したもんですよ。

いや、これズリーわ!(´∀`*)まさかすぎるだろ!

 

ということで、仕掛けの数々に騙されて気持ちよく終わりを迎えるおすすめミステリーです。

途中はただただ「女性社会って大変だなあ」ってとこばっかに集中してましたが。 ←

 

おヒマつぶしに、ぜひ。

 

 

 

Follow me!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-さくっと「小説・ノベルズ」

執筆者:

関連記事

【小説】むちゃくちゃおもしろい超絶おすすめのミステリーサスペンス・ハードボイルド!―『殉狂者』

  これはヤラレタ。   Follow me!

【小説】心底ゾッとしたミステリー―『出版禁止』

  怖すぎる( ´゚д゚`)   Follow me!

【書評】小島秀夫監督が愛した作品を読んでみよう―『李陵山月記』

  「小島秀夫 創作する遺伝子」より。   Follow me!

【小説】小島秀夫監督が愛した作品を読んでみよう―『砂の女』

  「小島秀夫 創作する遺伝子」より。   Follow me!

「こころ」に正直になるということ

  小説は「考えさせられる」ことが多いから好きだ。   特に、明治時代あたりの「文豪」と呼ばれる方々の作品はどれも風変りと言うか、「現在」に比べてだけどかなり毛並みが違う。 「こう …