さくっと「小説・ノベルズ」

【小説】自然の驚異はなにも「天災」だけではない―『羆嵐』

投稿日:

 

怖すぎる。

 

羆嵐

「クマだ」、男の口から、低い声がもれた……。
村を阿鼻叫喚のどん底に陥れた凶暴な肉食獣!
実際の事件を基に、その恐怖を再現する。

by Amazon

♪ある日、森の中、クマさんに、出会った。

なんて歌い馴染んだ昔ながらの童謡を口ずさんでた、あの幼い頃が懐かしいですね。

 

ちなみに本書はクマさんとは絶対に出会いたくねえな( ´゚д゚`)ってなるドキュメンタリー小説です。 ←

実際に大正時代に北海道で起こった事件ですね。

 

とある村の人達を次から次へと惨殺していく―なんとなくそんな事件があったのは聞いた事がありますが、そこまで深くは知りませんでした。

読んでびっくり、クマ怖すぎるやろ。

 

今でもちょくちょく「クマに襲われた」なんてニュースも聞きますが、そーゆー地域に住んでないのでいまいち実感が湧かないんですよね。

「え?熊?そんな怖いの?」ってね。

そんなナメた態度を改めたくなるくらいヒグマの恐怖を臨場感たっぷりに楽しめる1冊でした。 ←

 

また「そこまで武器もインフラも整ってない時代」ってのが、恐怖感を倍増させますよねえ。

こんな時代にこんなモンスターに襲われたら、もう成す術がないじゃないですか。

 

それでも、勇敢に立ち向かった戦士たちがいるのです。

 

もうこれちょっとしたRPGですよ。

台風や地震も怖いですが、「ヒグマの襲撃」も立派な自然災害なんです。

 

ヒト対ヒグマのサバイバルパニックホラーです。

おヒマつぶしに、ぜひ。

 

 

 

Follow me!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-さくっと「小説・ノベルズ」

執筆者: