さくっと「小説・ノベルズ」

【小説】読み出したら止まらなくなった青春物語―『革命前夜』

投稿日:

 

震えた。

 

革命前夜

バブル絶頂期の日本を離れ、東ドイツに渡った一人の日本人留学生。住民が互いに監視しあう灰色の町で彼が出会ったのは、暗さのなかから生まれる、焔のような音楽だった。

by Amazon

うおぉぉお…(; ・`д・´)ってなる1冊です。

いきなり語彙力のド底辺っぷりを発揮して申し訳ないですね。

 

あらすじや帯からもわかるとおり、ドイツに渡ったピアニストがなんやかんやある物語なのですが、これまたストーリーが良いですね。

自分の力を確信しながら異国に飛び立つも、世界に出ればバケモノ級の演奏者がいたりして。

その中でスランプに陥りながらも、どうにか足掻いて成長して行く姿は、やはり胸を打たれますね。

 

その内容もさることながら、私が個人的に感銘を受けたのが、この洗練された表現力。

まるで日本語がピアノの音に乗っているような錯覚を覚えるほど、優雅に物語をつづっていきます。

これがまたね、ページをめくる手を加速させてくれるんですよね。

 

僕は手を開き、空にむかって掲げてみた。

指の間から、初夏の陽光がきらきらと零れ落ちる。

ほんの少しだが、見えてきた気がする。

僕の音。

このDDRで、僕だけが生み出すことのできる、水の音が。

 

夢と、友情と、恋愛、困難に挫折。

青春の全てを楽しめるような作品でした。

 

ピアノの音に乗せた言葉の旋律で、ごゆるりとお楽しみ下さい。

おすすめです。ぜひ。

 

 

 

Follow me!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-さくっと「小説・ノベルズ」

執筆者: