【小説】柴田哲孝 さくっと「小説・ノベルズ」

【小説】シュールな笑いとエロとバイオレンス―『早春の化石』

投稿日:2020年4月18日 更新日:

 

いいなこれ笑

 

早春の化石 私立探偵 神山健介

姉の遺体を捜してほしい―。福島の私立探偵・神山健介は東京から来たモデル・中嶋佳子から奇妙な依頼を受けた。二年前、ストーカーが双子の姉を拉致。だが犯人は自殺し、姉はそのまま行方不明になっていた。手掛かりは「土の中から姉の声が聞こえる」という佳子の曖昧な話だけなのだが…。やがて死んだ犯人の過去を追ううちに、戦前の満州から続く名家の闇が浮上する。

by Amazon

やたらとエロいメンヘラに振り回される1冊です。

私の大好きな作家・柴田哲孝さんの「神山健介シリーズ」ですね。

 

神山健介シリーズは「渇いた夏」に引き続き第二段目、これまた絶妙なエロさは逸品です。

しかも、柴田さん。今作からなぜかちょいちょい笑わせにきてますよね?w

 

「ニャオ…」

佳子が、鳴いた。神山を見上げながら。

「猫になったのか」

このやりとりがシュールすぎてしばらく忘れられそうにありません。 ←

でら冷静だがん。神山健介。

 

バイオレンス要素ももちろん健在で、その上エロさに加えてシュールな笑いをも取り込んできてるので、私としてはそれだけで読み応えがありましたね~。

こーゆーの大好き!(´∀`*)

 

ということで、ストーリーもまさかの展開があったりミステリーな仕掛けがあったりと全般的におもしろかったです。

前作の「渇いた夏」に出てきたキャラも出てきますが、特別キーパーソン!ってわけでもないので、読んでなくても楽しめそうですね。

 

闇の中に消えた姉。正体不明の敵。事件の迎える結末とは―

謎が解き明かされていくたびに感じる疾走感はさすがです。

 

おヒマつぶしに、ぜひ。

 

 

 

Follow me!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-【小説】柴田哲孝, さくっと「小説・ノベルズ」

執筆者: