さくっと「ビジネス書」

【書評】胸がスーッと軽くなる1冊―『世界の古典と賢者の知恵に学ぶ言葉の力』

投稿日:

 

やっぱり古典は良いですね。

 

世界の古典と賢者の知恵に学ぶ言葉の力

老子、釈迦、孔子、孟子、マルクス、トーマス・クーン、サルトル、ショーペンハウアー、孫子、ソクラテス、韓非子、キリスト…etc.なぜ彼らの思考・哲学は生き続けるのか。先人の知恵こそ、時代を超えた教科書だ!

by Amazon

なんとも力強い1冊です。

やっぱり先人が遺した言葉に触れると、背中を押してもらえますよね。

昔の人ってすごい。観察力とアドバイスが的確すぎて感動する。 ←

 

なんだかんだで生きてるだけでも、いろいろと積もって来るものがあるわけですよ。

ストレスやら不安やら。

それらを解消してくれるような先人たちの知恵と指南に満ちた、まさに「教科書」でした。

 

自分の言葉に力を持たせるにはどうすればいいのか?

とまあ、人生の指南もそうですが、本書の本当の目的はここ。

自分の言葉に力を持たせるには、まず「自分自身の人格を磨かなければいけない」と言うわけです。

考えてみれば当たり前のことですが、これにもなかなか気付かないものなんですよね。

 

人格を磨くには、先人の知恵と言葉が必要なのです。

こーゆーのを読むと、やっぱり人間は過去から学ぶ動物なんだな~と痛感しますよね。

 

さくっと読み流しても良し、じっくり熟考するも良しな1冊です。

軌道修正するのに、半年に一回くらいは古典を学び直すのも良いですね。

人間は初心を忘れる生き物ですから。笑

 

おヒマつぶしに、ぜひ。

 

 

 

Follow me!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-さくっと「ビジネス書」

執筆者: