【小説】柴田哲孝 さくっと「小説・ノベルズ」

【小説】あいかわらず絶妙なエロさでお贈りする連続殺人ミステリー―『冬蛾』

投稿日:2020年4月21日 更新日:

 

なんなのこのシリーズ。笑

 

冬蛾

探偵業・神山健介に舞い込んだ不可解な依頼。一年前に冬山で起きた村人の不審な死と、殺人の疑いをかけられ失踪した依頼者の夫。真相を追って神山が足を踏み入れた七ツ尾村は、時空から取り残された人里だった。この村は、どこかおかしい!?村人は、狂っている!?吹雪で閉じ込められた神山の前に、次々と明らかになる大量殺人事件。

by Amazon

「渇いた夏」「早春の化石」に続き、神山健介シリーズ第3弾です。

今作も安定しておもしろいですね!

 

内容もさることながらですが、まあ私くらいの神山健介ドランカーになると、女の人が出て来ただけでもうエロいです。

すぐさまエロの匂いを嗅ぎつけます。人間の習性って恐ろしいな。 ←

 

ということで、今回も厄介な依頼が神山健介のところに舞い込むわけですが、本件はなかなか「作り込まれてるな~」って印象ですね。

謎が謎を呼ぶミステリー!って感じでどんどんとハマっていきましたよ。

 

とある限界集落で起きている大量殺人と、なにかを隠し続ける村人たち。

この村では一体なにが起きているのか―!?

 

そんなミステリー&バイオレンスど真ん中な作品なので、人妻が普通に浮気しててもあまりに自然すぎて気にならなかったです。

「あれ?これ不倫やん( ´゚д゚`)」って途中で気付きました。

まあ、どうでもいいですが。いいんかい

 

今回も妖艶な雰囲気をまとった、殺人ミステリーな1冊です。

おヒマつぶしに、ぜひ。

 

 

 

Follow me!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-【小説】柴田哲孝, さくっと「小説・ノベルズ」

執筆者:

関連記事

【小説】これはなかなか奇想天外な殺人ミステリーだ―『The Profiler』

  こんなんおったら普通に怖いって。 ←   Follow me!

【小説】キザな俺カコイイ!が加速するミステリー―『紅蓮館の殺人』

  学生さんにおすすめ。   Follow me!

【小説】暴力夫から逃げきれ!いびつな愛のミステリー!―『蓮の数式』

  ハラハラするわ( ´゚д゚`)   Follow me!

【小説】じわじわと迫りくる女の狂気が怖すぎる驚愕のサスペンス―『不協和音:Grievance』

  これは怖い。   Follow me!

「こころ」に正直になるということ

  小説は「考えさせられる」ことが多いから好きだ。   特に、明治時代あたりの「文豪」と呼ばれる方々の作品はどれも風変りと言うか、「現在」に比べてだけどかなり毛並みが違う。 「こう …