【小説】熊谷達也 さくっと「小説・ノベルズ」

【小説】まさかのジャパニーズ・サイキック・ミステリーだった―『迎え火の山』

投稿日:2020年4月28日 更新日:

 

びっくり。

 

迎え火の山

旧盆の十三夜、出羽三山の霊峰月山の頂から麓に連なる迎え火。即身仏取材で帰省した工藤の友人正志は、古来の採灯祭復活に奔走していた。だが工藤の父親に続き、正志も闇の中で襲撃される。もう一人の同級生由香は工藤に、鬼から村を守ってきた一族だと明かした。

by Amazon

「鮪立の海」から熊谷達也さんにハマって、いろいろと熊谷さんの作品を漁っております。

鮪立の海は「正統派青春物語!」って感じだったのでびっくりしてしまいましたよ。

今作はなんと怪奇ホラーもの。

鬼とか霊とか印とか、そーゆーお話でした!(ノ∀`)タハー

 

まあ、私はそーゆー中二臭いものも大好きなのでなにも問題なかったのですが、表紙や帯からはそんな空気全然ないよな。 ←

ミステリーの匂いは途中からしつつも、ここまでがっつりとしたサイキックものとは思いませんでしたよ。

 

最後のオチは若干「?」ってなりましたが、いろいろ調べてプロローグを読み直してみたら「そーゆーことかな?」って感じですね。

パンチは薄かったですが。 ←

 

それでも、「読ませる技術」はさすが。

続きが気になる展開の連続は読み応えありましたね~!

意外な黒幕の正体には驚きました。

 

中二なあなたにおすすめの1冊です(´∀`*)

おヒマつぶしに、ぜひ。

 

 

 

Follow me!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-【小説】熊谷達也, さくっと「小説・ノベルズ」

執筆者: