【小説】柴田哲孝 さくっと「小説・ノベルズ」

【小説】柴田哲孝節が炸裂する怪物ミステリー!―『RYU』

投稿日:2020年5月9日 更新日:

 

このシリーズおもしろいな~。

 

RYU

ある日、有賀雄二郎の元に届いた一通の手紙。同封された不鮮明な写真には、巨大生物らしき奇妙な物体が写っていた。その正体は、いったい何なのか。
しかも写真を撮った米兵は、行方不明になっているという。有賀は動物学者の盟友コリン・グリスト、 愛犬ジャックと共に沖縄に飛んだ。さらに地元の美 女、永子の協力を得て調査するうちに、次第に事件 の真相が明らかになっていく。

by Amazon

「TENGU」「KAPPA」と読んできましたが、今作もなかなかの良作ですねえ。

これまた伝説上の怪物の正体を追うミステリーです。

 

タイトルの通り、今回は「龍」ですね。

これが嫌いな男子っているの?( ´д゚`)(偏見

 

ということですが、正直TENGU、KAPPAに比べたら今作の「怪物の正体」にはさほど驚きはなかったです。 ←

うん。まあ、なんとなくそうなんじゃないかな~って気はしてましたよね。

 

ですが、ここはやはり柴田哲孝さんの描くミステリー。

謎が繋がって解き明かされていく快感はさすがの一言です。

「ああ!あれそうだったんだ!」が炸裂しまくる1冊でした。

 

家畜や人を襲う怪物の正体とは―!?

いや~、このシリーズおもしろいわ。また新しいの出たら絶対買います。

スリリングで時折エロい怪物ハンティングをお楽しみください。

 

おヒマつぶしに、ぜひ。

 

 

 

Follow me!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-【小説】柴田哲孝, さくっと「小説・ノベルズ」

執筆者: