【小説】柴田哲孝 さくっと「小説・ノベルズ」

【小説】今回の怪物ミステリーは「パニックもの」―『WOLF』

投稿日:

 

こんなん遭遇したらちびるわ(´・ω・`)

 

WOLF

幻のニホンオオカミは生存する!?奥秩父、両神山周辺で次々と発生する不可思議な事件。森の中に点々と続く、そこに存在しないはずの足跡。この広大な秩父山地の中で、いま何が起きているのか。有賀雄二郎、ネイチャー・ミステリーシリーズ最新刊!

by Amazon

柴田哲孝「怪物ミステリーもの」第5弾です。

今回は「ミステリー」というよりかは、人々を殺戮しまくる恐怖のオオカミ集団!って感じの「パニックもの」ですね。

映画で言う「グリズリー」とか「ジョーズ」とか、そんな感じかな?

 

まあ、オオカミが絶滅していたことすら知らなかった私には刺激たっぷりで()、おもしろかったです。

しかし、「KAPPA」「TENGU」「RYU」「DANCER」に比べたら、「だいぶ話がマニアックだな~」って印象ですね~。

前作の4つを読んでたら「んっ?」ってなって、スッと入って来ないかも知れない。ちょっと雰囲気が違うので。

それでもそこは流石の柴田哲孝さん、途中からはガッツリ物語に引き込んでおいて、最後は衝撃のラストを用意した作品となっております。

 

人々を殺しまくるオオカミ集団。その正体は絶滅した狼なのか?ただの野犬なのか?―

これはすげえ物語だな~と感動してしまいました。

 

おヒマつぶしに、ぜひ。

 

 

 

Follow me!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-【小説】柴田哲孝, さくっと「小説・ノベルズ」

執筆者: