【小説】柴田哲孝 さくっと「小説・ノベルズ」

【小説】これはなかなか奇想天外な殺人ミステリーだ―『The Profiler』

投稿日:

 

こんなんおったら普通に怖いって。 ←

 

ザ・プロファイラー 悪魔は天使の胸の中に

新宿、仙台、福岡など日本各地で、見知らぬ通行人の女性をバットで殴って、死傷させるという事件が連続発生。犯人は、殺害後、逃走せずに、現場で茫然としているという共通点があった。いずれも犯人はその場で逮捕。犯人同士に、接点はまったくない。新宿署の刑事・城島は元FBI心理捜査官エミコ・クルーニルと共に、恐るべき事件の真相に迫る。

by Amazon

よく出来たミステリー!って感じですね。

本当に現実に起こりそうな「身近さ」に一工夫を加えました!そんな連続殺人事件です。調味料か

ミステリーと言うより、ホラーに近いかも?

 

そんな今作のキモはやっぱり、「集団洗脳」ですね~。

まったくの赤の他人を殺人鬼へとマインドコントロールするわけですよ。

「一体どうやって?( ´゚д゚`)」という謎に迫っていくのがまたたまらないんですよね~!

 

まあ正直、オチにはそんなに驚きはなかったですが()、これまた新しいタイプのミステリーに出会いました。

表紙のパッと見は完全に海外の官能小説風ですが、えっちな小説ではないぞ!(´∀`*)残念だったな!

 

おヒマつぶしに、ぜひ。

 

 

 

Follow me!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-【小説】柴田哲孝, さくっと「小説・ノベルズ」

執筆者:

関連記事

【小説】「残酷だけどいい物語だな~」ってなるミステリー―『渇いた夏』

  これ良いですね~。   Follow me!

【小説】胸にぐっときた!切なすぎるミステリー長篇 『落日』

  良い物語ですねえ。   Follow me!

消滅都市の片隅で【小説】

  私も一瞬だけ遊んだ事のあるスマホゲーの公式ライトノベルです。 Follow me!

【小説】自然の驚異はなにも「天災」だけではない―『羆嵐』

  怖すぎる。   Follow me!

「こころ」に正直になるということ

  小説は「考えさせられる」ことが多いから好きだ。   特に、明治時代あたりの「文豪」と呼ばれる方々の作品はどれも風変りと言うか、「現在」に比べてだけどかなり毛並みが違う。 「こう …