【小説】熊谷達也 さくっと「小説・ノベルズ」

【小説】不思議で優しい物語―『調律師』

投稿日:

 

さくっと。

 

調律師

交通事故で妻を亡くし、自身も大けがを負った結果、音を聴くと香りを感じるという共感覚「嗅聴」を得た鳴瀬玲司は、ピアノの調律師を生業としている。さまざまな問題を抱えたピアノ、あるいはその持ち主と日々接しつつ、いまだに妻を忘れられずにいた鳴瀬だったが、ある日、仕事で仙台に向かうことに―。

by Amazon

なるほどねー(´∀`*)ってなる1冊です。

熊谷さんもたまにこーゆー「特殊能力系」の作品を書きますよね。

 

しかし今作は「迎え火の山」の「鬼を撃退するぜ!」みたいな中二臭い能力ではなく()、実際に存在する「共感覚」の持ち主のお話ですね。

それに加え、とっても優しい物語となっております。

 

なんと言っても今作は、さくっと没頭できるところが良いですね~。

短編小説とまでは言わないけど、そこまで長くない時間の中でストーリーが楽しめます。

 

愛に満ちた、不思議な物語です。

おヒマつぶしに、ぜひ。

 

 

 

Follow me!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-【小説】熊谷達也, さくっと「小説・ノベルズ」

執筆者: