【小説】遠田潤子 さくっと「小説・ノベルズ」

【小説】人生で一番深いため息が漏れる1冊―『あの日のあなた』

投稿日:

 

すげえなほんと。

 

あの日のあなた

尊敬する父親が、百合の花を買いに出かけて事故死した。二年前に母親を亡くして以来、父と二人きりで仲良く暮らしてきた大学生の息子・在は、几帳面な字で書かれた父親の驚くべき遺言を手にする。徐々に明らかになっていく父親の過去は、在の想像を超えた残酷なものであったが…。

by Amazon

( ´゚д゚`)ってなる1冊です。わからんわ

遠田潤子さんの作品を読むのはこれで4作目ですが、相変わらず夢中にさせてくれる1冊でした。

 

父が遺した「謎」を解いていったその先に待ち受ける結末とは…!?ってのが大まかなストーリーですが、これがまた上手いことね。

読者を楽しませてくれるんですよね~。

 

予想だににしない展開の連続に、もうメンタルがもたないっす( ´゚д゚`)

もはや、プロローグの時点で一気に持って行かれます。笑

 

こーゆー「小説ならではの世界観」を存分に楽しめる作品って、なかなかないですよね~。

これは絶対に映像化できないし、映像化してしまうとまた「別物」になってしまいますから。

 

ラストはやっぱり鳥肌モノの展開に、遠田潤子さんの凄さをとことん味わえる1冊となっております。

読み終わった頃には放心状態になってるので、大事な予定がある時に読まないように。 ←

 

おヒマつぶしに、ぜひ。

 

 

 

Follow me!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-【小説】遠田潤子, さくっと「小説・ノベルズ」

執筆者:

関連記事

【小説】人が死ぬウイルスもヤバイけど、このウイルスもヤバイな―『エレクトス・ウイルス』

  この時期ならでは。 ←   Follow me!

no image

ミステリーサスペンス! 『ウツボカズラの甘い息』【小説】

ウツボカズラ(靫葛)(ネペンネス) 真矢ミキさんがさらっとディスった未成年者と飲酒したゲスを極めたバンドのボーカルのことではなく、東南アジアに広く生息する食虫植物です。   Follow m …

2018年本屋大賞 『かがみの孤城』【小説】

  鳥肌が止まらない!   Follow me!

【小説】今回の怪物ミステリーはちょっとトリッキーだ!―『DANCER』

  このシリーズやばい。   Follow me!

夏にぴったりの爽やかな推理小説 『本と鍵の季節』【小説】

  良いですねえ。   Follow me!