さくっと「小説・ノベルズ」

【小説】読み応えのあるエレガントなミステリー―『最後の巡礼者』

投稿日:

 

雰囲気ね。

 

最後の巡礼者

二〇〇三年六月八日、第二次世界大戦の英雄カール・オスカー・クローグの死体が自宅で発見された。ノルウェー貿易相まで登り詰めた老人は鳥のくちばしにつつかれたように切り刻まれ、犯人に強い殺意があったのは明らかだ。だが、手掛かりは凶器——ナチスの鉤十字が刻まれたナイフしかない。警察本部では犯人像を見いだせず、捜査は行き詰まってしまう。

そんな中、トミー・バーグマン刑事は二週間前に発見された三体の白骨死体との関連性を見出す。戦時中に殺された三人は、親ナチ派のノルウェー人実業家グスタフ・ランデの娘のセシリア、婚約者のアグネス・ガーナーとメイドだった。彼女たちはグスタフの近親者ゆえにクローグらレジスタンスの標的にされ、粛清された三人の縁者が復讐のためにクローグを殺した。そう推理したバーグマンは、六十余年前の事件の真相に挑む決意を固める。

一九三九年八月、アグネス・ガーナーは自らの手で愛犬を殺した。それがイギリス諜報部の最後の試験だったからだ。どうしてこんなことができるのか、自分でもわからない。確かなことは、ナチスを倒さねばならないということだけだ。その決意を胸にアグネスは故郷ノルウェーへ帰還する。人生を狂わせる運命の出会いが待ち構えていることも知らずに……。

by Amazon

これはよく出来てますね~!

現在と過去、2つの視点から殺人事件の犯人を追っていくクライム・ミステリーです。

 

こんな感じの小説は過去にも馳星周さんの「殉狂者」がありましたが、やっぱりこのスタイルの作品が一番好きかも知れないですね~。

徐々に事件の真相がわかってくる感じがなんともたまらない!

 

さくっと見どころをレビューします!

 

謎が合わさって行く…

なんと言っても一番のおすすめポイントはこれでしょうね。

まったく関係性が読めない2つの物語が徐々に合わさって行く感はなんともワクワクしますね!

 

最初の方なんて文字通り、わけわかめなんですよ。(古い

むしろこの2つの物語は全然関係ねーんじゃねーのかと思ってしまうくらい。

 

それが、上巻の中盤あたりからジワジワと合わさって行くんですね~!

ここからはもうラストまで夢中になって読んでました。

 

物語としては、ナチス軍やらスパイやら暗殺やらの話で、裏切り者探しから殺人事件の犯人捜し、歴史背景や「過去に何があったのか!?( ´゚д゚`)」感、恋愛話などなど。

なんとも壮大なストーリーとなっております。

 

これまた、これらの要素を絡めた物語の展開が上手いもんだから、ページをめくる手も止まらないんですよね~!

 

しかもこの作品を書いた著者さん、新人らしいのです。

犯人うんぬんより、このことに一番衝撃を受けたわ。 ←

 

なんともエレガント

どこが?と聞かれても答えれない。

だって雰囲気だもん!(´∀`*)

 

なんでしょう、これと言った「お嬢様!」みたいな話とはまったく違うんですけどね~。

物語全体に、どこかしら「上品さ」が漂ってるんですよ。

 

登場キャラの思考とか表現なのかな~。

この雰囲気が、またたまらないんですけどね。

 

もちろん、殺人事件の犯人を追うミステリーなので、なかなかの惨殺死体や汚い表現も出て来るのですが…。

それを凌駕する、エレガントさ!

 

なんでしょう。不思議な作品ですね。

著者さんは多分、ええとこの子ですよ。 ←

 

犯人を予想する気にならない

これがまた個人的におもしろかったポイント。

犯人を予想する気にならなかったんですよね。

 

これも「エレガントさ」と繋がるところがあるかもしれませんけども。

なんとなく、「あ、犯人はコイツちゃうか?」って予想するのがなんとなく野暮な気がしてしまう、そんな作品でしたね。

まあ、犯人は全然違ったんですけども。 ←

 

ただ純粋に、犯人捜しの物語をフルコースで楽しんでくださいませ。

そんな上品な雰囲気が漂ってる作品です。

 

なんか、この美しくも悲しい物語を、こんなヨレたスウェット着た独身のおっさんの「あ~犯人はこいつじゃね?(´∀`*)」と野暮な推測で汚してしまうのがね。

なんとも申し訳なくてね。

 

生まれてきてごめんなさい(´・ω・`)急にどうした

 

まとめ

なんとも夢中にさせてくれたミステリーです。

謎を巡る物語の展開は本当に上手いことできていて、新人が書いたと思えないクオリティでございました。

 

これはおもしろかったです。一気読み推薦!

おヒマつぶしに、ぜひ。

 

 

 

Follow me!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-さくっと「小説・ノベルズ」

執筆者: