さくっと「ノンフィクション・歴史」

【人類史】直接的な暴力が減り間接的な暴力が増えた理由―『善と悪のパラドックス』

投稿日:

 

すごいこの本。

 

善と悪のパラドックス

人間は所属する社会集団内で争いを避ける傾向があり、多くの野生の哺乳類に比べて、非常に寛容だ。しかしそのように温厚でありながら、別の面では非常に攻撃的な種であるのはなぜなのか。チンパンジーとボノボを分けるもの、またネアンデルタール人とホモ・サピエンスを分けるものは何か──。アフリカで多くのチンパンジーの生息地を渡り歩き、フィールドワークを重ねた人類学者が、人類学、生物学、歴史学、心理学の新発見にもとづき、人類進化の秘密に迫る。

by Amazon

スティーブン・ピンカー氏の「暴力の人類史」を読んでから読むとむちゃくちゃおもしろいです。

暴力の人類史を読んで、「あれ?」ってなったところをがっつり分析・解説してくれた!ってのが本書「善と悪のパラドックス」って感じですかね。

 

さくっと見どころをレビューします!

 

確かに暴力は減っている。だけども…?

スティーブン・ピンカー氏の著書「暴力の人類史」では、歴史を遡って見れば現代は暴力が減ってかなり平和ですよ!ってことがデータを照らし合わせて論じられております。

確かに、理不尽な処刑や戦争などの殺戮は減ってはいるけども、裏では増えている暴力もあるんですね。

それがいわゆる、「SNS叩き」に代表される「間接的な暴力」によるものです。

私は、ここが増えている以上、ある意味「平和ではない」とどこかでひっかかってたんですよねえ。

 

しかし、本書を読んで、それが解決しました。

 

これは単純に、

  • カッとなってつい殺してしまった!に代表される「反応的攻撃性」が減って
  • 計画的に殺人を計る「能動的攻撃性」が増えた

ってことなんですね。

 

つまり、暴力の形は「本能的な攻撃」から「頭を使った知的な攻撃」に姿を変えたのです。

 

自己家畜化がもたらしたもの

我々ホモサピエンスも、元を辿ればチンパンジーと同じいわば「猿人類」で、殴る・蹴る・噛みつく・ひっかくなどに代表される「武力による直接的な暴力」にものを言わせていました。

しかし、これは進化と共に徐々に減っていきます。

その一番の原因として、「自己家畜化」が挙げられます。

 

「自己家畜化」とはつまり、「道徳やルールに従順になる」ということですね。

自分の本能だけに従って動くより、周りと協調した方が効率的!ってことに気付いたのです。

これが、人類の発展に大きく貢献してきたわけです。

 

しかし、これがまた危険な思想を生み出すことになっていきます。

それが、「暴君の排除」、いわゆる自分勝手なやつは許さない!という社会的な思考ですね。

 

ここから、暴力は集団化していくのです。

 

善と悪のパラドックス

そして、本書は半分くらいを使って、暴力の歴史他の動物の生態を分析しながら振り返ってるのですが、ここであらためて「あれ?」ってなるわけですよ。

  • カッとなって殺した!みたいな自分本位な殺人がなくなった
  • 人を裁くなら集団で裁判しましょう。これで平和。良かったね!(´∀`*)

でもこれ、ほんとに良かったの?ってことですね。

 

道徳やルールから、裁判や処刑が生まれて、現在の人類はある程度の秩序を保ってるようには見えますよね。

しかし、その裏では暴力は形を変えているだけなんじゃね?ってことが伺えるわけです。

 

ここら辺の話を、

  • ボノボとチンパンジーの生態や研究
  • 過去の倫理観
  • なぜ私たちは能動的攻撃性が強くなってきたのか?

などのデータや考察を交えて書かれてるのが本書「善と悪のパラドックス」って感じですね。

 

まとめ

これは本当に内容を説明するのが難しい。 ←

考察できる情報がむちゃくちゃ多いから。笑

 

記事で伝わるかどうかわからないけど、とにかく「おもしろい1冊です」ってことですよ。安易

こーゆー考察系の本は、人によって感じ方や捉え方が違うはずなので、それがまたおもしろいところではありますね。

 

あなたは

  • 他人に寛大で温厚な一面
  • 道徳やルールに反するものに対する狂暴な一面

この2つを併せ持つ人類の暴力を基とする善と悪を、どう見て、どう感じますか?

 

ついつい読みふけってしまった良著です。

おヒマつぶしに、ぜひ。

 

 

 

Follow me!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-さくっと「ノンフィクション・歴史」

執筆者: