【小説】宇佐美まこと さくっと「小説・ノベルズ」

【小説】結局1番の被害者は松岡やんってなったホラー―『入らずの森』

投稿日:

 

タイトルに全てを詰め込んだ。←

 

入らずの森

陰惨な歴史が残る四国山中の集落・尾峨に赴任した中学教師・金沢には、競技中の事故で陸上を諦めた疵があった。

彼の教え子になった金髪の転校生・杏奈には、田舎を嫌う根深い鬱屈が。一方、疎外感に苛まれるIターン就農者・松岡は、そんな杏奈を苦々しく見ていた。一見、無関係な三人。だが、彼らが平家の落人伝説も残る不入森で交錯した時、地の底で何かが蠢き始める…

by Amazon

いや~、おもしろいですねえ!(´∀`*)

宇佐美まことさんの作品を読み漁ろうシリーズ、第10弾はこちら「入らずの森」です。

 

さくっと見どころをレビューします!

 

あれ…松岡さん…w

これもね、別にふざけてるわけではないんですけども。

一番印象に残ったのがこれだったってだけで。

松岡さんがなかなか可哀そうな物語です。(ふざけてるやん

 

本書の内容としては、とある森を中心に展開するホラーファンタジーですね。

「この森にはなにかがいる…」みたいな。

 

その不気味さと不可解さ、ミステリーやホラー要素も鉄板で、もはやこの作家さんに関しては説明不要。

相も変わらず、素晴らしい描写力で世界観にどっぷり引き込んでくれます。

 

そして読み終わった後に「いや~今作も完成度の高い作品だったな~」とため息混じりに本を閉じ、もう一度じっくりと物語を回想して余韻を楽しんでたのですが…

ふと気付いてしまったわけですよ。

 

あれ?松岡さん…。

 

そこにはあまり触れられてないのですが、ちょっとあまりにも可哀そうだなと思ってしまって。笑

一番の被害者やん。と思わずボヤいてしまった。そんな物語です。

 

ホラーパニック!

まあ、これを最初に言えって話ですけども。

むちゃくちゃおもしろいホラーパニックです!

 

  • 気が狂った殺人鬼を生み出した「いわくつきの森」
  • そこに関わることになったワケありの登場人物たち
  • ご多分に漏れず…

って感じですね。

 

森にある正体不明の「何か」によって、人間が狂っていくわけですが、それがもうね。

日本ならではの恐怖感を醸し出してくるんですよ。

 

なんなんでしょうね。

この精神的に来る感じ。

 

海外みたいにダイレクトに「ガツン!」って感じではなく、「ジワジワ」「もぞもぞ」みたいな。

わかるかな。(語彙力

 

まとめ

宇佐美まことさんの作品を読むのはこれで10作品目ですが、こーゆーホラーパニックものも書いてたんですねえ。

人間の業とか情とか描かせたら最高やなと常々思ってましたが、そこにこんなジャンルをぶち込んできたのは新鮮でした。

 

ちょっと中二なホラーパニックものが好きな方におすすめの1冊です。

おヒマつぶしに、ぜひ。

 

 

 

Follow me!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-【小説】宇佐美まこと, さくっと「小説・ノベルズ」

執筆者:

gxfh

読書ノート。ついつい夢中になってしまった作品を紹介しております。ミステリー・暗黒小説・ビジネス・経済・歴史・ライフハック・生態系の話が好きです。時々雑記。