【小説】新堂冬樹 さくっと「小説・ノベルズ」

【小説】これはヤラれた!最後の最後に騙される爽快ノワール!―『悪の華』

投稿日:2021年2月8日 更新日:

 

最高。

 

悪の華

シチリアマフィアのドンの息子ガルシアは、仲間の裏切りにより家族を皆殺しにされてしまう。祖母の生まれ育った国、日本へ―。その心には、燃えるような復讐への思いが滾っていた。

日本の裏社会で類い希な戦闘能力を買われたガルシアは、山王寺組若頭・不破の暗殺を請け負う。が、不破もまた非道極まりない殺人マシーンだった…。凄絶なピカレスクロマン。

by Amazon

良いですね~!

私の大好物の、思いっきり犯罪ワルミステリーな1冊です!

いわゆるロマン・ノワールってやつですね!

 

さくっと見どころをレビューします!

 

悪い奴らやで~

ノワールですから、当然これでしょう。

「悪い奴らやで~」な人たちがてんやわんやです。←

これがなんと言っても刺激的で読み応えたっぷりなんですよね~!

 

今まで暗黒小説は馳星周さん1択だったのですが、ちょろっと幅を広げてみようと思って、いろいろ調べてたらこの作家さんに当たったわけですが…。

この新堂冬樹さん。どストライクでございます。

 

やっぱりね、刺激がないと飽きちゃいますから。

本当に性格が悪い奴らというかなんというか()、そんな奴らが出て来る作品はとにかく刺激的なんですよね~!

 

この作品の描写は最高でした。

悪い奴らですよ。何回言うねん

 

大どんでん返し!

大好物!

本書は残虐でブラックでアンダーグラウンドで、マフィアやヤクザの話がメインのバイオレンスものですが、きちんと最後にはミステリー要素が用意されているんですよね!

この大どんでん返し!たまらない!(´∀`*)興奮気味

 

またこれストーリー展開も逸品で、最後のオチを上手いこと隠してるんですよね~。

そして、このスピーディーなハラハラ感。天才。

 

最後の最後に、こんな大どんでん返しが用意されてると、ホントに読み終わったあとが気持ちいいんですよね~!

 

ザ・ハードボイルド

ザ・ハードボイルド!って感じです。

イタリアマフィアやヤクザに代表される、アンダーグラウンドの男たちがカッコイイ1冊です。

男なら1度は憧れますからねえ。

 

しかも、非情で冷徹な殺人マシーンだけど、なにげに情に厚い一面もあったり。

これね。このギャップね!(´∀`*)

 

こーゆーのに女の子は弱いわけですよ知らねーけど。

モテたい人は勉強になるかもしれん。

 

でもこーゆー系のキャラってちょっと間違ったらただのイタイ中二b

 

まとめ

おすすめのロマン・ノワール!って感じですね。

馳星周さん以来の衝撃を味わいましたよ。ほんとに。

 

過去に傷を負った一人のイタリアンマフィアの物語です。

カッコイイぞ!ハードボイルド!(´∀`*)

 

結構残虐な描写が多くグロ注意ですが、まあ、ノワールなんで。()

おヒマつぶしに、ぜひ。

 

 

 

Follow me!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-【小説】新堂冬樹, さくっと「小説・ノベルズ」

執筆者:

setsegre

読書ノートです。ミステリー・暗黒小説・ビジネス・経済・歴史・ライフハック・生態系の話が好きです。時々雑記。